2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
281/421

医療品質会議議長田内克典1.目的安全な医療を継続的に提供すること目的とする。2.審議事項科学的な分析結果に基づき、医療品質の病院横断的な管理・改善に必要な事項につき決議する。(1)感染管理会議、麻酔・鎮静会議、薬剤管理会議、診療管理会議からの報告事項の決議(2)栄養管理委員会、診療記録管理委員会、診療材料適正使用検討委員会、放射線治療品質管理委員会からの報告事項の決議(3)臨床指標の設定やその分析・評価に基づく改善計画の議決(4)医療事故やミス・ニアミスの分析・評価に基づく改善計画の議決(5)国際基準に関わる規程の変更の議決および新規規程の審議3.構成議長田内克典(医療品質担当副院長)議員笹原孝太郎(感染管理会議議長)/小笠原隆行(麻酔・鎮静会議議長)/菊池二郎(薬剤管理会議議長)/薄田誠一(診療管理会議議長)/大塚功(リハセラピスト部門院長補佐/荻無里千史(医療安全推進室メディカルコーディネーター)感染管理会議(感染対策委員会)/麻酔・鎮静会議(麻酔・鎮静委員会)/薬剤管理会議(血液製剤に関する委員会/薬剤適正使用検討委員会/市販後調査受託審査委員会)/診療管理会議(クリニカルパス委員会/臨床検査の適正化に関する委員会/医師技術評価委員会)/栄養管理委員会/診療材料適正使用検討委員会/放射線治療品質管理委員会4.開催実績毎月1回【感染管理会議】1.目的安全かつ根拠に基づいた感染管理を継続的に行うため、感染管理会議を設置・運営する。2.審議事項会議はモニタリング結果および科学的な根拠に基づき、病院横断的な感染管理および改善に必要な事項につき立案もしくは議決する。(1)感染対策委員会で立案された改善計画の議決(2)感染に関わるモニタリング結果の検討・改善計画の立案(3)感染に関わるミス・ニアミス報告に基づく改善計画の立案3.構成委員長笹原孝太郎(感染対策委員会委員長)委員岩垂優治(病院施設管理課長)/赤羽茂康(病院総務課長)/酒井弘子(病棟長)/栗田敬子(感染対策室長)/吉福清二郎(ICTリーダー)感染対策委員会4.開催実績毎月1回、年12回実施271

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です