2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
271/421

情報センター・センター長)/柳澤直樹(放射線技術科・科長)/矢野目英樹(栄養科・科長)/水野悦美(地域在宅医療支援センター・センター長)/鳥羽嘉明(地域医療連携室・課長)/堀内寛之(医療福祉相談室・課長、退院支援室・課長)4.開催実績毎月1回、年12回実施【相澤病院地域医療従事者の研修に関する委員会】1.目的地域医療支援病院としての責務の一つは、国の定める松本2次医療圏の医療・福祉従事者に多種多様な研修を行い地域医療の質の向上に貢献する事である。このためには計画的に効率的な研修を行う事が重要であり、相澤病院委員会設置・運用規程に基づき、相澤病院地域医療従事者の研修に関する委員会を設置する。2.審議事項委員会は、国の定める松本2次医療圏の医療・福祉従事者に多種多様な研修を行うために、次の各号に掲げる事項を審議する。(1)地域の医療従事者の資質向上のための検討会・講習会開催に関する事項(2)当院における研修実施のために必要な事項を定めた研修プログラムに関する事項(3)相澤病院研修管理規程に則して、研修者を受入れるための事項(4)研修プログラムの管理及び評価に関する事項(5)その他研修の実施のために必要な事項(6)研修に関する様々な情報の収集(モニタリング)・分析に基づいた方策の立案3.構成委員長池田隆一(医療連携センター・センター長)副委員長大塚功(リハセラピスト部門・院長補佐)委員薄田誠一(診療部内科系・院長補佐)/北澤和夫(診療部外科系・院長補佐)/小坂晶巳(看護部・統括院長補佐)/小山明英(救命救急センター・特命院長補佐)/保科滋明(薬剤管理情報センター・センター長)/柳澤直樹(放射線技術科・科長)/矢野目英樹(栄養科・科長)/水野悦美(地域在宅医療支援センター・センター長)/鳥羽嘉明(地域医療連携室・課長)/堀内寛之(医療福祉相談室・課長、退院支援室・課長)4.開催実績毎月1回、年12回実施【広報委員会】1.目的広報は、病院の提供する医療の質、研究開発活動及び地域の関心事に対する情報提供をすることで地域医療に貢献する活動である。また、院内に向けては、周知・徹底が必要な多種多様な情報を患者・家族や職員に正確かつ効率的に発信することである。情報を発信する対象者に広く「信用・信頼」を得るためには、「広報の質の向上」が必要不可欠である。2.審議事項(1)相澤病院のミッション・ビジョンに関する広報について(2)病院の提供する医療の質、研究開発活動に関する地域に向けての広報について(3)周知・徹底が必要な多種多様な患者・家族に向けての情報に関する広報について(4)周知・徹底が必要な多種多様な職員に向けての情報に関する広報について(5)広報に関する規程・手順の作成・修正とモニタリングについて(6)緊急時マスコミ対応:GoodorBadnews(7)マスコミ報道に呼応した全国からの問い合わせ・セカンドオピニオン等の対応渉外連携会議261

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です