2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
267/421

・井水処理設備緊急時のライフライン確保のため、井戸水を処理し飲用水として供給・医療ガス設備5.実績2014年度については、JCI基準に基づく火災計画・ユーティリティ計画・施設安全計画の実施、モニタリングを行い、療養環境・診療環境・勤務環境の整備、省エネルギーに取り組んだ。(1)療養環境・診療環境・勤務環境患者対応として、・S棟西入口より入り込む冷気の流れ込み防止対策を行った。・多目的トイレのナースコールに引きヒモの設置を行った。(2)職員教育JCI基準に基づいた新人職員研修(電気設備・防災講習)、職員研修(防災設備)・出前消防訓練・e-ラーニングを職員・委託業者を含め実施し、全従業員の参加率96%を達成した。(3)光熱量項目年間使用量電気10,579,211kWh都市ガス1,676,179m3水道上水道61,428m3井戸水85,322m3【物流管理課】1.ビジョン患者の治療に必要な診療材料を、院内へ必要時、必要な物品を必要量供給するために、中央在庫の利点を最大限に生かすため、使用材料を緊急度別に分類した上で、緊急度が高く、多部署で使用されるなどの要素を勘案して、常時在庫する品目と在庫量を決定するシステムを作り、更に実使用量データから品目及び在庫量を見直す仕組みを構築する。2.サービス内容・検収業務(物品受け入れ→診療材料、医療消耗品、備品、購入申請書、稟議書、持込・委託在庫、デモ機器・品、書籍)納期確認(業者確認、請求部署調整)・払出業務(カード請求物品、高額医療材料、通常在庫物品、非在庫物品)・入出庫業務(入出庫事務処理、請求事務処理照合)・在庫管理業務(倉庫在庫管理、高額医療材料管理、院内全部署期限管理、パック化物品、バーコードカード管理)・修理業務(修理受付、修理依頼、有償修理の決済手続き、修理完了品検収・払出)・救急カート管理業務(毎月の点検、使用後交換・セット・点検)・宅配便取り扱い業務(宅配便受取り、宅配便の払出)3.構成課長1名、課長代理1名、事務職員1名、専業職員4名4.主要設備・機器倉庫兼事務室1室、高額材料倉庫1室、在庫倉庫1室バーコードカード発行器、バーコードカード読み取り器総務部257

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です