2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
259/421

患者相談室室長礫石淺治1.ビジョン患者や家族はもちろん、見舞いなどで来院された全ての人の不安や不満が払拭できる相談活動を行い、患者及び職員の満足度を向上する。2.サービス内容患者、家族及び見舞い客などで来院される全ての人から、主に下記内容の相談を受け、自ら回答するほか、専門の知識が必要なものは患者相談支援担当者の応援を得るなどして回答し、不安や不満の払拭を図っている。・入院生活における心配事に関すること・在宅での生活における心配事に関すること・診療に対する戸惑いや不安、不信、不満に関すること・診療情報の開示に関すること・健康保険、介護保険、年金などに関すること・福祉サービスに関すること・医薬品に関すること・画像診断、検査に関すること・医療費など経済的問題に関すること3.構成室長1名(事務員:兼務1名)、患者相談担当者4名(看護師3名:専務1名、兼務1名、パート1名)(社会福祉士:兼務1名)4.実績2012年度相談件数403件カンファレンス回数35回2013年度相談件数771件カンファレンス回数45回2014年度相談件数876件カンファレンス回数51回5.学術・研修(学会発表)川上弥生.講演発表:他病院で発生した医療トラブルに関わった一症例.第16回日本医療マネジメント学会学術総会,2014年6月13・14日.川上弥生.講演発表:患者相談室の現状と今後その2.第9回医療の質安全学会学術集会,2014年11月22・23日.(研修)芦田美千子.医療コンフリクトマネジメントセミナー基礎編.2014年8月30・31日川上弥生.2014年度医療メディエーター協会甲信越主催会員研修会.2014年8月30・31日江原えみ子.医療コンフリクトマネジメントセミナー基礎編.2014年8月30・31日川上弥生.基礎編終了者のためのフォローアップ「IPI分析編」.2014年11月3日芦田美千子.基礎編終了者のためのフォローアップ「IPI分析編」.2014年11月3日川上弥生.基礎編終了者のためのフォローアップ「医療安全・医療メディエーション」.2014年12月23日川上弥生.日本医療コンフリクト・マネジメント学会第4回学術大会.2015年1月24日川上弥生.医療メディエーター協会会員研修.2015年1月25日249

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です