2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
257/421

(資格)院外資格保有者数日本看護協会感染管理認定看護師1名、日本病院会主催(厚生労働省後援)の感染制御スタッフ2名、インフェクションコントロールドクター(ICD)1名4.主要設備・機器シミュレーションセンタールームAにて感染プログラム研修施設手指衛生研修備品(グリッターバグ)6台5.実績主要項目2013年(1〜12月)2014年(1〜12月)手指衛生指導職員:363人職員:299人委託業者:8人委託業者:51人学生・他施設:370人学生・他施設:159人N95マスク装着指導職員:487人職員:293人委託業者:15人委託業者:16人学生・他施設:136人学生・他施設:3人個人防護具装着指導職員:205人職員:34人感染性廃棄物指導職員:235人職員:29人JANISサーベイランス全入院患者部門MRSA感染率当院:3.84今後報告JANIS:3.69今後報告JANISサーベイランス人工呼吸器関連肺炎発生率当院:2.7当院前期:5.0JANIS:1.3JANIS前期:1.4JANISサーベイランス尿路感染症発生率当院:0当院前期:0JANIS:0.6JANIS前期:0.4JANISサーベイランスカテーテル関連血流感染症発生率当院:1.6当院前期:0JANIS:0.8JANIS前期:0.6職員針刺し・血液曝露件数28件26件職員インフルエンザワクチン接種率96.4%95.3%感染症保健所届出数51件34件地域における他病院との感染対策①安曇野赤十字病院との感染対策相互評価(年2回)②桔梗ヶ原病院、城西病院、鹿教湯病院との合同カンファレンス(年4回)感染対策室247

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です