2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
249/421

3.構成推進役2名、事務職員9名(資格)院外資格保有者数病院経営管理士2名、診療情報管理士1名、医師事務作業補助者5名、医療事務管理士1名、社会福祉主事1名、保険請求事務技能医科・歯科1名、調剤事務管理士1名4.実績主要項目2012年度2013年度2014年度地域支援病院紹介率76.1%77.1%73.4%逆紹介率72.9%83.8%102.9%紹介患者数26,656件26,107件25,866県【医療福祉相談室】1.ビジョン退院に向けたカンファレンスを行うことによって在宅退院促進を進め、当院の7対1に関わる在宅復帰率にMSWとして寄与する。在宅・施設・医療機関に対して、かかりつけ医を招いた退院時共同カンファレンス、ケアマネジャーを含めた介護連携カンファレンスの実施と、テレビカンファレンスの仕組みをつくり、MSWが関わるカンファレンス実施件数を増やす。2.サービス内容入院されている患者、患者家族に対して、医療福祉相談室では入院中や退院後の生活に不安や心配な事を伺い、様々な福祉の制度(介護保険、身体障害者福祉、障害年金、限度額適用認定証等)の紹介、援助を行っている。入院時から早期退院に向け支援を行い、地域完結型医療提供の中で、他医療機関、福祉施設、居宅介護支援事業所等への円滑な調整のために協力・連携を行っている。特に退院する患者、患者家族に安心感を持って頂き、切れ目の無い連携を行いつつ早期退院を実現するために、かかりつけ医を招いてのカンファレンスの実践に力を注いでいる。また、入院時より退院困難者の抽出、院内スタッフとの方向性の確認を早期より行いチーム医療の一員として業務を行っている。3.構成医療福祉相談室11名(患者相談室1名含)課長1名(社会福祉士)、主任1名(社会福祉士)社会福祉士:男性1名、女性6名(患者相談室1名含)事務職員:男性1名、女性1名(資格)院外資格保有者数(複数資格保有者あり)社会福祉士9名、精神保健福祉士4名、介護支援専門員3名、認定心理士1名、ホームヘルパー2級2名、手話通訳者免許1名、社会福祉士実習指導者4名、がん専門相談員1名、地域福祉コーディネーター1名、保育士1名、高次脳機能障害支援コーディネーター1名、長野県障害者相談支援従事者初任研修1名、福祉住環境コーディネーター2級1名、秘書検定2級1名、医療事務3名、医療コンフリクトマネジメントセミナー導入編研修修了4名医療連携センター239

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です