2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
240/421

外来医療サービスセンターセンター長大久保富美江1.ビジョンそれぞれの専門性を発揮して医療とサービスの質を高め、患者の安全と安心が得られるようにする。また、地域の医療機関との連携を密にして、専門的医療を必要とする患者が円滑かつ最適な医療を受けられるようにしていく。2.サービス内容・外来看護科は各課に看護師を配置し、診療補助、看護処置、看護支援、患者指導を行う。・入院・検査説明センターは入院案内と各種検査の説明を行う。・インフォメーション課は受付・会計・案内業務および各種請求業務や証明を行う。また、フロアアテンダントを配置し、患者の案内や補助を行う。・医療秘書課に医療クラークを置き、医師事務作業補助者として診療補助業務および書類補助を行う。3.構成外来看護科/入院・検査説明センター/医療秘書課/インフォメーション課センター長1名、外来看護科長1名、外来看護科主任1名、外来看護師(役職者除く)24名、助産師3名、入院・検査説明センター事務職5名、看護師(外来看護科と兼務)3名、医療秘書課長1名、医療秘書課(役職者除く)41名、インフォメーション課長1名、インフォメーション課主任1名、インフォメーション課(役職者除く)17名、フロアアテンダント7名4.主要設備・機器内科外来:診察室10室自動血圧計2台、電子血圧計4台、パルスオキシメーター5台泌尿器科外来:診察室2室、処置室2室尿流量検査器1台、超音波診断装置2台、膀胱腎盂ビデオスコープ4台、内視鏡高解像LCDモニター・ビデオシステム1台、内視鏡洗浄器1台、泌尿器科検診台1台脳神経外科外来:診察室2室自動血圧計1台外科外来:診察室5室自動血圧計1台、救急カート1台、超音波診断装置3台、マンモトーム1台、マーマリー2台整形外科外来:診察室5室、処置室1室ギブスカッター2台リハビリ外来:診察室1室スポーツ外来:診察室2室耳鼻咽喉科外来:診察室2室SNユニット2台、耳鼻科内視鏡システム2台、全自動ファイバースコープ・洗浄器2台皮膚科外来:診察室1室顕微鏡1台、無影灯1台形成外科外来:診察室2室、処置室1室無影灯1台230

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です