2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
238/421

病棟看護支援部門部門長山﨑明子1.ビジョン患者が安全で安心できる入院生活が送れるよう、他職種および部門内の連携強化と、効率的で質の高いチーム医療を提供する。2.サービス内容看護師と協働のもとケアおよび生活支援の実施。食事、排泄、入浴時の介助など身のまわりに関する世話、ベッドメーキング、配下膳、ケアの手伝い。退院時のベッド清掃、吸引交換、DU室全般の業務等病棟補助業務全般。3.構成生活支援課/病棟支援課【生活支援課】1.ビジョン住み慣れた生活の場へ退院できるよう、患者の生活機能低下防止または現状を維持することを目的とした生活支援を、入院後早い段階から計画を立て介入を行う。また、施設入所・転院する患者の生活支援の情報を施設へ提供することで、継続した生活支援が受けられるよう、福祉連携の確立を目指す。2.サービス内容・清潔に関する業務→洗面介助、髭剃り、入浴・シャワー浴、洗髪、清拭、手浴・足浴、爪切り・食事に関する業務→配膳・下膳、食事介助・排泄に関する業務→おむつ交換、トイレ介助、トイレ誘導・移乗・移送に関する業務→ベッド〜車椅子・ストレッチャーへの移乗・移送・余暇に関する業務→離床、散歩、レクリエーション・病棟環境整備に関する業務→リネン庫整理整頓清掃、看護用具庫の整理整頓清掃・患者周辺の環境に関する業務→病床・病床周辺の環境整備、病室内の環境整備3.構成看護師1名、介護福祉士33名、ヘルパー2級17名、専業職員13名4.主要設備・機器リハビリと兼用倉庫1室5.実績生活支援介入者数A・B棟4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計利用総数10381033930555814782956916896849828838104355A病棟7011221132931127241237540838733234335625B病棟3183012312292312451881841392012062473SCU132220175111520231464A病棟415541266036364982660434814B病棟57052940116220923425026726625617520835273A病棟2614262159133219264015246228

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です