2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
230/421

リハセラピスト部門院長補佐大塚功1.ビジョン(1)相澤病院の特色ある専門的なリハビリテーションを構築する・ERおよび救急病棟・集中治療病棟におけるリハビリテーションの専門性とチームの役割を確立し、高度急性期患者に対する良質な急性期リハビリテーションを提供する・脳血管疾患・運動器疾患・心大血管疾患・呼吸器疾患・がん患者の入院治療にともなう廃用症候群を予防し、安全かつ効果的な急性期リハビリテーションをチーム医療で提供する(2)急性期後の回復期・生活期リハビリテーションの充実・急性期治療後に入院による集中的なリハビリが必要な患者を早期に見定め、安全かつ効果的な回復期リハビリテーションを提供することで、患者の早期社会復帰を実現する・急性期後の要介護状態患者に対して、生活機能を維持・向上させながら、在宅医療ならびに訪問・通所リハビリテーション部門との緊密な連携をとり、在宅生活を支援する(3)予防、健康寿命延伸を支援するリハビリテーションの構築・これまで培ったリハビリテーションの知識と技術をもとに、地域のニーズに応え、転倒予防、介護予防事業に取り組み、地域住民の健康寿命延伸に貢献する(4)チーム医療に基づくリハビリテーションによる患者満足度の向上・多職種共同に基づくリハビリテーション目標と計画の立案ならびに説明と同意により、患者と家族が主体的にリハビリテーションに参画する仕組みを構築し、患者満足度を高める(5)日本式(相澤病院式)リハビリテーションのシステムと技術を、中国を始めとする海外の医療機関へアウトバウンドすることを目指し、医療の国際展開を行う2.サービス内容・救命救急センター・急性期病院における、中枢神経疾患・廃用性障害、整形外科・外科疾患および、内部障害系疾患患者の急性期リハビリテーションを週7日間体制で提供することにより、患者の身体機能の改善、日常生活動作能力向上による早期回復・早期退院を支援する。・自宅退院後の継続的な機能回復を目的とした、外来リハビリテーションの提供。・地域医療を担う中核病院として、高齢者・スポーツ愛好者などを含む地域住民の障害予防と健康増進に寄与する。3.構成・脳卒中・脳神経リハセンター26名(PT10名/OT9名/ST7名)・心臓病リハセンター29名(PT17名/OT6名/ST6名)・運動器疾患リハセンター34名(PT20名、うち非常勤1名/OT13名)・スポーツリハセンター11名(PT10名、うち非常勤1名)・回復期リハ病棟25名(PT10名/OT9名/ST6名)・院外出向3名通所リハ「リハビリひろば」PT1名/OT1名真寿園デイサービスPT1名(資格)院外資格保有者数専門理学療法士4名、3学会合同呼吸療法認定士20名、心リハビリテーション指導士3名、日本糖尿病療養指導士3名、日本体育協会アスレチックトレーナー4名、日本静脈経腸栄養学会認定NST専門療法士4名、AHA・BLSインストラクター2名、AHA・BLSヘルスケアプロバイダー220

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です