2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
222/421

ME課課長矢ヶ崎昌史1.ビジョン相澤病院が所有し管理をする医療機器が定義され、定義された医療機器全ての管理台帳が作成されている。また、管理台帳が作成された医療機器が「機能」「身体的リスク」「メンテナンスの必要性」によってスコア化され、スコアの和によるリスク分類されている。医療機器は相澤病院導入時に、検収と導入時点検および導入時研修が実施され、リスク分類に応じた間隔と内容で点検(定期・日常)と定期研修を設定し実施している。また、使用状況や点検履歴、修理履歴、稼働率、コスト分析等が台帳管理され、台帳管理を活用した医療機器の予算化や更新・補充計画、総量管理がなされている。これらの管理体制が「医療機器管理計画」に明文化され、運用されている。2.サービス内容臨床工学技士は、医師およびその他の医療関係者と緊密な連携を図り、適正な医療の確保に努め、医療の普及および向上に寄与している。また、医師の指示の下に生命維持監視装置の操作および保守点検を行い、医療関係者に対して医療機器の適切な使用方法および保守の教育や情報提供に努めている。ME課は、透析部門・循環部門・医療機器管理部門の3部門を柱に業務を行っている。全ての部門において24時間、365日(夜間・日曜・祝日は携帯電話待機)緊急業務に対応している。(1)透析部門①血液浄化業務・外来透析・入院透析・在宅透析・急性血液浄化・特殊血液浄化における準備・プライミング・穿刺・回収等の実施・腹水濾過濃縮再静注法における腹水濃縮操作・透析装置関連の保守管理および修理・透析液の品質を向上・維持させるためのフィルター交換や細菌調査等の計画の策定と実施②高気圧酸素治療業務高気圧酸素治療装置の操作と保守管理③PET業務サイクロトロンオペレーターに関する業務④ESWL業務ESWL装置の立上げおよび保守管理(2)循環部門①手術センター業務・心臓血管外科関連業務(人工心肺操作、自己血回収装置操作、ステントグラフト等)・手術支援業務(自己血回収装置操作、ラジオ波焼灼装置操作等)・手術センター医療機器保守管理および修理②心臓カテーテル関連業務・心臓カテーテル検査室で実施される検査および治療の医師補助業務・電気生理検査の医師補助業務・医療機器の保守管理③ペースメーカ関連業務・ペースメーカ植込み時の医師補助業務・ペースメーカの設定確認および変更(入院・外来)・体外式ペースメーカの保守管理212

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です