2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
219/421

病床利用率入院患者詳細4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月24時在院数314337316325328312336334342362312337新入院数534429363344373940393438転入数71011445765738転出数574938352940384140403334退院患者数43367675558106.学術・研修(学会発表)櫻田浩.当院SCUにおける脳卒中ホットラインについての現状と今後の展望.第36回中部脳神経外科セミナー,2014年9月20日,愛知県名古屋市.寺澤麻衣.当院SCU病棟における脳卒中ホットラインの取り組み〜「急性期脳卒中病棟から地域へ発信するアフターケアプラン」今後の課題と展望〜.第12回日本臨床医療福祉学会,2014年8月30日,埼玉県川越市.(執筆)櫻田浩.BRAINNURSING2015Vol.31no.3メディカ出版急性期でつまづく場面を乗り切るコツとワザ特集4ドレーン管理看護部209

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です