2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
216/421

握し、医療従事者間で円滑なコミュニケーションを図りチーム医療を提供する。2.サービス内容ICU(集中治療室)入院診療科は全診療科である。侵襲の大きい術後症例と救命救急センターから急性期集中治療が必要な患者が入室する。我々は、その様な急性期の重症管理に至る患者に対して、集中治療を安全・安楽に療養していただけるよう多職種が連携しチーム医療を提供できるように日々努めている。また、生命の危機を脅かす状態・集中治療中の患者の家族の立場になり、不安言動等に対して看護を提供している。診療科別による主な疾患・全身麻酔下の開腹・開胸・開頭術(胃癌・大腸癌・食道癌・肺癌・開頭クリッピング、冠動脈バイパス術・大動脈手術・弁膜症手術後など)や合併症等のリスクがある手術・外傷:外傷性くも膜下出血・急性硬膜下血腫・開頭手術後・高エネルギー外傷など・心臓外科:急性大動脈解離(ST-A・ST-B)・循環器内科:急性心筋梗塞・重症心不全など・内科:呼吸器管理が必要な重症肺炎・ARDS・重症膵炎など・腎臓内科:持続透析が必要な患者など3.構成医師1名(集中治療科医師)、病棟長1名、病棟看護責任者1名、看護師27名(資格)院外資格保有者数AHABLSインストラクター1名、AHAACLSインストラクター1名、ICLSインストラクター2名、JPTECインストラクター1名、ITLSインストラクター1名、呼吸療法認定士2名、栄養サポートチーム専門療法士1名、日本災害派遣医療チーム(日本DMAT)隊員1名、長野県災害医療派遣チーム(長野県DMAT)隊員1名院内資格保有者数看護技術リードインストラクター1名、看護技術インストラクター1名、看護技術トレーナー6名4.主要設備・機器救急蘇生装置気管内挿管セット3組除細動器監視除細動装置TEC-77311台、FC-20401台ペースメーカー携帯用ペースメーカー30771台心電計多機能心電計FCP-74111台ポータブルエックス線撮影装置回診用X線撮影装置MobileArtEvolution1台呼吸循環監視装置患者監視用装置DS-53004台、DS-7640W1台、SOLAR8000M3台VGSV2台人工呼吸装置エビタ4EVITA-40008台経皮的酸素分圧監視装置又は経皮的動脈血酸素飽和度測定装置パルスオキシメーターマイクロ21台、5121台酸素濃度測定装置光線療法器微量輸液装置自動輸液ポンプTE-161SA10台、シリンジポンプTE-331S0N7台超音波診断装置心臓超音波診断装置SONOS20001台、腹部超音波診断装置FTI-5001台心電図モニター装置心電図モニターPHV-1001台、OWEC-60031台6.相澤病院206

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です