2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
207/421

3.構成病棟長1名、病棟看護責任者1名、看護師32名(パート看護師含む)、准看護師2名(パート看護師含む)、クラーク1名(資格)院外資格保有者数ICLS5名、感染制御実践看護師1名院内資格保有者数BLS34名、看護技術インストラクター2名、看護技術トレーナー11名4.主要設備・機器許可病床数60床、観察室2床、カンファレンス室2室、デイルーム(4A病棟と共同)、DU室2室、器材庫1室、リネン庫1室、看護用具庫2室、ギプス庫1室AED2台、セントラルモニター2台、ベッドサイドモニター7台、ギプスカッター2台、鋼線牽引セット、CPM7台、センサーマット5台5.実績主要項目2012年度月平均2013年度月平均2014年度月平均新入院数(人)145111751089退院数(人)148113621109病床利用率(%)92.094.496.9【4S病棟】1.ビジョン・悪性疾患、慢性疾患の増悪などにより入退院を繰り返すハイリスク患者に、患者・家族の思いをくみ取り、身体的・精神的苦痛が軽減できるよう医療チームで関わり、病気を抱えながらも自己管理(家族管理)ができ、社会資源を活用し、社会生活・日常生活が送れるよう医療チームで退院を支援する。・急性期治療が終了後、医療的処置や生活障害があっても退院できるように、患者の健康上、生活上の問題点を入院初期より、医師、看護師、関連職種で共有し、医療チームで連携し、患者、家族の指導を行い、患者が住み慣れた地域で住み慣れた人と安心してその人らしい人生が送れるように支援していく。・高齢患者は、入院による認知症の進行、廃用性症候群の進行予防を行い、医師、看護師・関連職種と連携し、急性期治療が終了後、生活障害があっても患者が療養する場所へ(かかりつけ医・施設・転院)に引き継いでいけるよう医療チームで支援していく。2.サービス内容4S①病棟:糖尿病内科、呼吸器内科4S②病棟:腎臓内科主な入院疾患・呼吸器疾患肺うっ血・肺炎・肺癌・慢性呼吸不全・気管支炎・誤嚥性肺炎・腎臓又は尿路の感染症腎盂腎炎・ネフローゼ・尿路感染症・腎不全・シャント造設術・シャント不全・シャント閉塞・シャント・グラフト感染・維持透析及び腹膜透析導入・糖尿病関連教育入院血糖コントロール3.構成病棟長1名、病棟看護責任者2名、看護師23名(パート10名含む)、クラーク1名看護部197

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です