2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
192/421

看護部統括院長補佐小坂晶巳1.ビジョン(1)看護職員は、患者を家族や会社、地域社会などの環境の中で生きる人として捉え、その人が持っているまたは残された能力を最大限に生かし、その人らしい日常生活を送るために必要な生活支援、指導を行う。(2)看護職員は、患者一人一人に根拠に基づいた看護を提供する。そして、提供した看護のプロセスを科学的に評価し、安全で安心な看護の提供をする。さらに、患者や家族と良好なコミュニケーションを図ることで、良質な看護を提供する。(3)看護職員は、相澤病院ミッション・ビジョンと整合性を図りながら、看護師一人ひとりが自立・自律して常に専門職としての自己研鑽を行う。そして得た専門的知識・技術は根拠に基づいた看護に活かす。2.サービス内容(1)病院ミッション・ビジョン、看護部ビジョンを基に、各病棟・各センターと協力し看護部を運営する。(2)患者に対して安全・安心な看護が提供できるよう、他部署との連絡・調整を行い、問題が発生した場合は速やかに対応する。(3)看護部教育委員会が、看護職員教育計画を立案し、適切な内容で適切に実施できるよう支援する。(4)夜間・土曜日・日曜日・祝日において、各病棟および救命救急センターの看護管理の支援を行うために看護管理日当直者の配置し、業務遂行の管理を行う。(5)患者一人一人に必要な看護介入が行われるように、専門看護師、認定看護師、特定医療チームの組織横断的活動を支援する。(6)365日24時間急性期にある患者を円滑に受け入れるために、病床コントロールを行う。(7)看護部が主催する会議の事務局を担い、会議運営と議事録作成を行う。(8)看護学生実習、看護師体験・病院見学者への調整・対応を行う。(9)看護師学生・助産師学生実習では、各部署の教育担当者が、適切に学生指導を行えるよう支援する。(10)専門看護師・認定看護師を目指す看護師の育成。(11)EPA候補生の学習と実習が適切に行われ、看護師国家資格取得に向けて知識・技術・態度が身につくよう支援する。(12)病棟クラークが、患者・家族へ各種書類の説明を、適時に適切に行えるよう支援する。(13)病棟クラークが、算定業務の補助、医療費管理業務が適切に行えるよう支援する。(14)病棟クラークが、医師・看護師等の事務作業補助が適切に行えるよう支援する。3.構成2C病棟・HCU/2S病棟/3A病棟/3B3C病棟/3S病棟/4A病棟/4B病棟/4S病棟/5A病棟/5B病棟/5S病棟/ICU(集中治療室)/SCU看護品質担当副院長、看護部統括院長補佐1名、推進役(教育研修担当)2名、推進役(渉外担当)1名、補佐室主任1名、慢性疾患看護専門看護師・EPA担当1名、看護部事務・渉外担当1名4.学術・研修小坂晶巳,前山健人,松下美由紀.重症度,医療・看護必要度への対応と回復期リハ病棟開設・運営の取り組み.看護部長通信,Vol.12,No.4:42-47,2014.小坂晶巳.急性期病院における看護師の役割を見据えた取り組み.182

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です