2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
185/421

科職員の教育。・治験検体の取扱治験検体については、事前に治験協力者会議や治験依頼者の企業担当者、治験コーディネータと検体処理方法やスケジュールについてすり合わせを行い、採血後の検体処理を行う。・院内各部署およびドクターカーに設置されている血液ガス装置の精度管理、機器管理、データ管理を行う。・輸血関連業務①不規則抗体同定検査・交差試験、血液型検査・血液型亜型検査②血液製剤の依頼・払い出し・在庫管理③自己血採血の補助、自己血製剤の管理、交差試験、払出し④血液製剤の使用状況を確認し、血液製剤廃棄率、診療科別使用状況、適正使用逸脱、副作用発生と対応の把握および遡及調査など当院輸血安全規程モニタリング項目のチェックおよび血液製剤に関する委員会への報告・尿検査、便潜血検査、細菌培養、遺伝子検査に使用する専用装置について内部精度管理(検体の取扱、測定、測定結果の管理までの過程について行う)を毎日行う。・尿検査、便検査、インフルエンザ、ノロウイルスなど各種ウイルス検査、妊娠反応検査など・遺伝子検査:抗酸菌(結核菌、非定型抗酸菌)PCR検査・細菌検査:血液培養、一般細菌培養検査(尿、喀痰その他の検体)、薬剤感受性検査・感染対策委員会へ特定の耐性菌分離率、病棟別の主要菌・特定耐性菌の分離患者数などの報告。・病理検査に使用する専用装置について内部精度管理(検体の取扱、測定、測定結果の管理までの過程について)を毎日行う。・細胞検査:細胞診標本作製、細胞診断{健康センター検診(婦人科、肺がん)のスクリーニング、穿刺検体での病変診断、外来婦人科、尿、喀痰検体のスクリーニングなど}・組織検査:手術検体処理、写真撮影、生検、手術検体の標本作製・術中迅速標本作製・病理解剖:解剖補助、組織・細胞標本作製・各種遺伝子検査用標本作成・患者紹介に伴う病理標本作製、標本貸し出し業務・多職種合同カンファレンスにおける資料準備、病理像提示・生理検査に使用する専用装置について内部精度管理(機器点検、装置稼働、検査結果の管理までの過程について)を毎日行う。・心電図、脳波、神経生理検査、呼吸機能検査、聴力検査、トレッドミルなど・血管造影室にて行われる心カテ検査・治療においてポリグラフ操作・超音波検査循環器、消化器、乳腺・甲状腺などの体表、血管、下腹部などの超音波検査・脳外科、整形外科手術中の神経伝導モニタリング検査・睡眠時無呼吸症候群治療センター外来患者さんの予約管理、検査説明、PSG検査・生理検査室で使用している検査機器および、院内各部署で使用している検査機器(超音波検査装置、心電計、筋電計など)の保守点検・地域医療機関への超音波検査出向・NST:毎週実施されているNST回診対象患者の検査データ確認・評価およびカルテ記載、カンファレンスでの検査結果に関する報告、院内NST専任者育成研修会講師・ICT:ICTチームの一員として院内ICTラウンドに参加し各部署の感染対策を指導、ICTの看護師やその他の職種のメンバーに各種細菌、ウイルスなどについて講義・糖尿病療養支援:糖尿病外来での診療支援として患者説明、糖尿病教育入院患者への検査に関する説明、糖尿病療養指導士育成研修会での講師、糖尿病患者会への協力・呼吸サポートチーム(RST):呼吸療法認定士受験対策研修会での講義臨床検査センター175

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です