2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
178/421

放射線画像診断センターセンター長小口和浩1.ビジョン一刻も早い臨床診断と治療のために、適切な時期に的確な画像情報、画像診断を提供する。他の医療機関にない画像診断情報を提供することで、地域医療と臨床研究に貢献する。がん集学的治療において、画像診断によって治療戦略決定の一躍を担う。検査を受ける患者と検査に関わる医療スタッフに、信頼され安心を与える環境とサービスを提供する。2.サービス内容単純写真、CT、X線透視、造影検査、血管造影といったX線を使った画像診断全般。MRI検査、PET検査の撮影を行う。CT、MRI、PETは全例、他の検査は依頼のあるものについて読影診断を行う。連携医や他の医療機関からの依頼に対応し、CT、MRI、PET検査と読影を行う。慈泉会内、相澤病院における放射線安全管理の実務を行う。3.構成放射線診断科/放射線技術科/放射線看護科/放射線事務課/ポジトロン断層撮影センター【放射線診断科】1.ビジョン救急医療を中心に、疾患の迅速で安全な診断治療に繋げるために、適切な時期に的確な画像診断を行い、その結果を有効に臨床に活かす。2.サービス内容CTとMRI検査全例の読影診断、依頼のある単純写真の読影。院外からの画像検査依頼の対応、オーダー、読影診断。腹部領域の緊急血管造影治療。CTガイド下の膿瘍ドレナージや生検などの非血管IVR。各Cancerboardへの参加、カンファランスへの参加。3.構成放射線科医師3名(資格)院外資格保有者数放射線科診断専門医2名、日本核医学会専門医2名、PET核医学認定医2名院内資格保有者数院内一次読影医資格3名、院内二次読影医資格2名4.主要設備・機器読影サーバー・ビュアー;PSP社、EVInsite、読影レポートシステム;PSP社iReporter、読影端末6台(うちPETセンター2台)5.実績CT読影32,686件、MRI読影8,716件、単純X線読影17件、登録医から依頼のCTフィルム読影158件、緊急血管造影および血管内治療13件、CTガイド下肺術前マーキング1例【放射線技術科】1.ビジョン三次医療機関として高度な医療技術を提供するために、いつでもいち早く検査・血管内治療の開始ができ、高度な依頼に対しても目的に適した画像情報を提供する。また、放射線被ばくなどの負担を最小限にとどめ、患者に優しい検査を行う。168

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です