2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
174/421

発揮するために、ERスタッフと協力して業務にあたる必要がある。また、院内スタッフのみならず、救急医療や災害医療に関わる行政・消防機関・医療機関との連携も蜜にする為の活動をする。その為、院内においては全スタッフに対して救急・災害教育の充実を図るため、救急医療普及チーム、相澤DMATと連携して効果的な教育を実施していく事が必要となる。院外においては、各種イベントにおける救護依頼を積極的に引き受け地域社会へ貢献するとともに、症例検討会等を通じて消防機関と顔の見える関係作りをしていく。また、現在院内スタッフを対象としたICLSコースをオープンコースとし、対外的な活動としていく。以上より、ER、防災対策室、災害対策室、特定医療チームと連携して業務及び院内教育を実施し、病院スタッフの救急処置が適切に実施でき、「救急医療の質向上」を図ることで、信頼される救命救急センターとなり、救護活動や救護活動や災害訓練・災害研修に積極的に参加し、「災害医療の質向上」にも努めていきたい。2.サービス内容(1)救急隊との症例検討会開催を含めた消防機関との調整(2)JPTEC、JATECの外傷コースの開催及びスタッフ教育(3)救護活動の調整(4)院内集団災害訓練の企画・運営(5)院外災害訓練の調整(6)長野県との連絡・調整(7)松本市医師会との調整(8)自衛隊との調整(9)厚生労働省日本DMAT事務局との調整(10)DMAT資器材の管理3.構成救護災害医療対策室長1名、専従事務職員1名、統括医長1名、医師2名、救急救命士8名(資格)院外資格保有者数医師免許3名、看護師免許1名、救急救命士免許8名、AHA-BLSインストラクター1名、JPTECインストラクター3名、JATECインストラクター2名、日本DMATインストラクター2名、ICLSインストラクター3名、ITLSインストラクター2名、MCLSインストラクター3名、ISLSファシリテーター2名、BLSOインストラクター1名、日本集団災害医学会セミナーインストラクター1名、日本DMAT隊員3名、長野県DMAT隊員4名、国際登山医学会認定山岳医1名、日本登山医学会認定山岳医2名、呼吸療法認定士1名院内資格保有者数主治医資格1名、画像一時読影資格2名、麻薬処方資格2名、鎮静資格3名、CVC認定医資格2名、特殊治療薬処方資格2名、看護技術リードインストラクター資格1名、院内トリアージ資格3名4.主要設備・機器ドクターカー、モービルER、DMAT資器材5.実績(1)救護活動・プロバスケット、信州ブレイブウォリアーズ試合(5回)・第24回長野県市町村対抗駅伝大会・井上百貨店イベントでの救護(3回)・第11回アップルランド、S&B杯ちびっ子マラソン大会・中学生登山救護(7校)・第40回すすき川お盆駅伝マラソン大会6.相澤病院164

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です