2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
153/421

精神神経科統括医長田丸恒実【臨床心理部門・看護科】1.ビジョン精神神経科臨床心理部門・看護科は、病棟での患者、その家族及び、医療スタッフに対しての心理サポートの強化を行い、治療がスムーズに行えるよう援助をし、医療サービスの質の向上、充実を図れるような役割を構築する。2.サービス内容・外来、入院患者への予診、心理検査、心理療法の実施、及び医療スタッフへのリエゾンコンサルテーション・精神神経科の診察補助業務・緩和ケア支援チーム、認知症ケア支援チーム、心臓病患者療養支援チームに参加し、チーム医療にて心理支援の提供・がん患者・家族会への参加、運営のサポート・職員のメンタルヘルスとして、メンタルヘルス不調がある職員への心理面接や職員メンタルヘルスの啓蒙活動としての研修会などの実施、管理者への管理コンサルテーション3.構成臨床心理士2名、精神看護専門看護師1名(資格)院外資格保有者数臨床心理士2名、家族心理士1名、CLIMプログラムファシリテーター1名、精神看護専門看護師1名、CVPPPトレーナー1名、CPIインストラクター1名院内資格保有者数鎮静看視資格1名4.主要設備・機器心理療法室1室、箱庭療法室1室5.実績2014年度実績値件数延べ数入院6297外来1761がん患者指導管理132132職員面接771676.学術・研修(学会発表)丸山春奈,宮本理夏.新入職員のメンタルヘルスケア―メンタルヘルスチェックの活用についての調査報告―.第33回日本心理臨床学会秋季大会,2014年8月1日,神奈川県横浜市.宮本理夏,丸山春奈.医療現場のメンタルヘルスの現状と臨床心理士の役割―所属長への質問紙調査を通じて―.第33回日本心理臨床学会秋季大会,2014年8月1日,神奈川県横浜市.赤沢雪路,東修.精神看護CNSの活動報告.第45回日本看護学会学術集会(精神看護),2014年10月16日,長野県松本市.143

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です