2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
146/421

5.実績手術件数疾患群201220132014変性疾患25282376椎間板ヘルニア118827外傷961025癌脊椎転移1135骨粗鬆症1214その他34613504951150高位201220132014頚椎9111434胸椎44816腰椎373431102504953152【手外科センター】1.ビジョン手外科は、上腕、肘、手関節、指などの上肢全体を専門とする分野である。上肢は複雑で繊細な構造を有するため、機能障害によって日常生活が非常に不便になる。そのため、専門的な知識・技術によるが治療が必要である。また、重度四肢外傷においては骨・関節だけでなく、神経・血管損傷・皮膚欠損を伴う。治療には、マイクロサージャリー、皮弁、創外固定などの集学的治療が必要である。手外科センターでは、これら手外科疾患・重度四肢外傷への診断・治療を提供し、患者が、上肢および複合組織損傷で失った機能を取り戻すことを目標とする。2.サービス内容運動器疾患センター(脊椎センター、外傷・関節センター、スポーツ障害予防治療センター、運動器リハセンター)と協同して、チーム医療を提供している。対象疾患・手外科疾患・末梢神経損傷・障害(手根管症候群など)・上肢外傷・変性疾患(橈骨遠位端骨折、母指CM関節変形性関節症など)・重度四肢外傷・神経・血管損傷、皮膚欠損を伴う外傷3.構成医師1名(資格)院外資格保有者数日本手外科学会認定手外科専門医2名(うち1名は他部署)、日本整形外科学会整形外科専門医1名、日本整形外科学会認定リウマチ医1名院内資格保有者数主治医資格1名、画像一時読影資格1名、麻薬処方資格1名、鎮静資格1名6.相澤病院136

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です