2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
130/421

信州ハート倶楽部学術集会,2014年11月8日,松本.加藤太門.動脈硬化性疾患に対する治療戦略〜intervention医の立場から〜.信州ハート倶楽部学術集会,2014年11月8日,松本.加藤太門.当院における急性心筋梗塞の治療戦略.DomesticPCIStrategySymposiuminTokyo,2014年11月29日,東京.T.Kato.ThecharacteristicsofunmarriedpatientswhosustainedST-segmentelevation.acutemyocardialinfarctionASIAPCR,2014年1月24日,Singapore.山本勇輝,鈴木智裕,加藤太門,相澤克之,嘉嶋勇一郎,麻生真一,櫻井俊平,戸田慈,小口智雅,田丸恒実.横紋筋融解症の発症を契機にたこつぼ型心筋症を呈した1症例.第235回日本循環器学会関東甲信越地方会,2015年2月7日,東京.麻生真一.PCIfailureの2症例.塩尻市・東筑摩郡循環器疾患懇話会,2015年3月10日,塩尻.鈴木智裕.起立性低血圧を主訴に来院し,心電図でST上昇を認めた48歳男性の症例.塩尻市・東筑摩郡循環器疾患懇話会,2015年3月10日,塩尻.(論文)加藤太門.当院のST上昇型急性心筋梗塞の臨床成績について.相澤病院雑誌.(講演)鈴木智裕.ミニミニ健康講座「血管を若々しく保つための秘訣」.第4回健康万歳タイムス元気塾,2014年5月21日,松本.【心臓血管外科】1.ビジョン(1)急性心疾患や大動脈疾患の急性期診療において、専門性の高い急性期医療を提供し、回復期には充実した心臓リハビリにより患者のQOLを高め、平均在院日数を短縮し、早期退院を促進させ在宅復帰率を高める。(2)医師―多職種間の情報共有とコミュニケーションを密に行うため、定期的カンファレンスの活性化を行い、チーム医療の実践に努める。(3)松本医療圏にお住まい方々や登録医の先生方から、当院での治療をご希望いただける選ばれる存在になるよう、地域での啓蒙活動や病診連携・病病連携を推進する。2.サービス内容・大動脈解離等の大血管及び、急性冠不全症候群などに対して緊急手術を実施可能な体制の維持・水、木、金における定期手術・定期的病棟多職種カンファレンス(参加者:心臓血管外科医師、集中治療医、看護師、リハビリ、MSW,栄養科)を開催し、症例に問題点を共有し、治療方針、退院に向けた問題点など各部署からの提起を行い、在院日数の短縮に結びつけている。当科で行っている心臓手術(1)虚血性心疾患・人工心肺非使用心拍動下冠動脈バイパス術(標準術式)・人工心肺使用心拍動下冠動脈バイパス術・心筋梗塞合併症に対する手術(心破裂、心室中隔穿孔、虚血性心筋症、虚血性僧帽弁閉鎖不全症など)(2)弁膜症・大動脈弁:人工弁置換術(標準術式)、弁形成術、弁輪拡大術・僧帽弁:弁形成術(標準術式)、人工弁置換術・三尖弁:弁形成術(標準術式)、三尖弁置換術(3)先天性心疾患:心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、その他6.相澤病院120

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です