2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
118/421

集中治療科医長池田武史1.ビジョン・相澤病院は二次救急医療機関では対応できない重篤な患者に対して高度な医療技術を提供する三次医療機関として機能を発揮する病院であることから、当科はERを通じて入院となった呼吸不全、循環不全、ショック、重症外傷などの重篤な病態の患者に対し集中治療を提供する。・集中治療科スタッフの増員を目指し、最終的には24時間365日ICUに集中治療科スタッフが在室している環境を目指す。・集中治療はチーム医療のもとに成り立つものであるから、各専門職からの意見を吸い上げる場として、患者の病態に対しての共通認識を持つ場として、各専門職間で議論を行う場として多職種合同回診を開催する。・重症患者に対する当院における標準的な治療方針を作成する。・リハビリテーションセンターと協働し、ICU/2C/HCU入室患者の早期リハビリテーション介入、早期離床を目指し、予後改善やADL保持を目指す。・研修医教育やFCCS(FundamentalCriticalCareSupport:集中治療領域初学者対象の教育コース)コース開催などを通じて集中治療に対する啓蒙活動を行う。2.サービス内容主にICUに入室している重症患者に対して集中治療を提供(オープンICU体制)RST、RRT活動研修医指導(2014年度選択研修4名)3.構成医長1名のみ(資格)院外資格保有者数(全て1)日本救急医学会救急専門医、ICLSプロバイダー、JATEC/JPTECプロバイダー、ALSO/BLSOプロバイダー、BLSOインストラクター、FCCSプロバイダー/インストラクター、日本DMAT隊員/統括DMAT登録者、長野県災害・救急医療体制検討協議会災害派遣医療チーム(DMAT)分科会委員院内資格保有者数(全て1)麻薬処方資格、鎮静資格、CVC認定医資格4.主要設備・機器フロートラックモニター(EV1000)5.実績2014年度ICU入室患者数:961人(2013年度比+17人)6.学術・研修(学会発表)池田武史.相澤病院ICUにおける多職種協働回診の取り組み.甲信救急集中セミナー,2014年7月6日,長野県長野市.池田武史.RRT(RapidResponseTeam)立ち上げまでの道のり.第42回日本集中治療医学会学術集会,2015年2月9日,東京都港区.108

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です