2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
107/421

【呼吸器外科】1.ビジョン呼吸器外科では、肺癌・縦隔腫瘍・気胸などの呼吸器外科疾患に対し、麻酔科、呼吸器内科、化学療法科、放射線治療科、放射線診断科等の専門部署との連携・情報の共有化を図り、手術療法を中心とした治療を安全に行うことができるようにする。また、治療の内容について十分に吟味し、QOLに配慮した治療が選択できるようにする。2.サービス内容外来・病棟における臨床業務・患者診察・患者家族への病状、経過および治療内容や方針・展望についての内容説明・患者検査結果の確認・手術患者に対する精神的・肉体的ケア・セカンドオピニオン対応手術室における業務・麻酔科、手術看護科、手術室ME科、病理科と連携した、確実で安全な手術の提供臨床研究業務・治療の安全性、確実性を担保するための臨床研究の立案と参加呼吸器外科教育業務・学会発表、論文発表を通じた学術参加3.構成呼吸器外科医師3名(顧問1名、統括医長1名、医長1名)(資格)院外資格保有者数医師免許3名、日本外科学会専門医2名、日本外科学会外科指導医1名、呼吸器外科専門医認定機構呼吸器外科専門医2名、肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師2名、日本胸部外科学会認定医1名、日本呼吸器外科認定登録医1名、日本呼吸器学会呼吸器専門医1名、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医1名、日本呼吸器外科指導医1名、日本呼吸器学会指導医1名、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医1名、日本呼吸器外科学会認定登録医1名、日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医1名、日本消化器外科認定医1名院内資格保有者数主治医資格2名、画像一時読影資格3名、麻薬処方資格2名、抗悪性腫瘍剤処方資格全領域1名、抗悪性腫瘍剤処方資格呼吸器1名、鎮静資格2名、CVC認定資格2名4.実績(1)手術数:2014年4月〜2015年3月呼吸器外科全手術数110例:開胸手術33例、胸腔鏡下手術77例・原発性肺癌:55例(開19例、胸腔鏡下手術36例)全摘術1例(開胸)葉切除31例(開胸15例、胸腔鏡下手術16例)区域切除20例(開胸3例、胸腔鏡下手術17例)部分切除3例(胸腔鏡下手術3例)・転移性肺腫瘍:9例(胸腔鏡下手術9例)葉切除1例、区域切除1例、部分切除7例・良性肺腫瘍:1例(胸腔鏡下手術1例)部分切除1例・自然気胸:25例部分切除25例(開胸1例、胸腔鏡下手術24例)外科センター97

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です