2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
95/484

救護・災害医療センターセンター長金子秀夫1.ビジョン二次救急医療機関では対応できない重篤な患者に対して高度な医療技術を提供する三次医療機関として、また高度救命救急センターを補完する役割を担う中信地区新型救命救急センターとしての機能を発揮するために、ERのスタッフと協力して業務にあたる必要がある。また、ERスタッフを含めた院内スタッフに対する救急・災害教育を行うために、救急医療普及チーム、相澤DMATと連携して取り組み、効果的な教育を実施していく事が大切である。以上より、ERと協力して業務を実施し、プロジェクトチームと連携した教育を行うことで病院スタッフの救急処置が適切に実施でき、「救急医療の質の向上」を図り、あわせて救護活動や災害訓練・災害研修に参加し、また、参加する機会を提供し、「災害医療における質の向上」を図り、地域社会へ貢献する。2.サービス内容①モービルER、ドクターカーに関する運用・調整②救急隊との症例検討会開催を含めた消防機関との調整③JPTEC、JATECの外傷コースの開催及びスタッフ教育④救護活動の調整⑤院内集団災害訓練の企画・運営⑥院外災害訓練の調整⑦災害計画の立案、見直し⑧長野県、厚生労働省との調整⑨松本市医師会との調整⑩自衛隊との調整⑪日本DMATとの調整⑫DMAT資器材の管理3.提供体制日勤帯での活動9:00〜17:454.スタッフ構成・救護災害医療センター長1名・専従事務職員1名・統括医長1名・医師2名・救急救命士1名(資格)院外資格保有者数:・AHA-BLSインストラクター1名・JPTECインストラクター3名・JATECインストラクター2名・日本DMATインストラクター2名・ICLSインストラクター3名・ITLSインストラクター2名・MCLSインストラクター3名6.相澤病院―85―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です