2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
73/484

・緩和ケア支援チーム介入症例の病棟ラウンドを行う・緩和ケア認定看護師資格を活用し、他部署における緩和ケアの質向上に向け、院内の看護職に対する教育・相談・看護実践を行う・緩和ケア支援チーム事務局に関する業務を行う・緩和ケアリンクナース会議運営に関する業務を行う・リンパ浮腫予防指導に関する患者教育および院内医療者教育に関する業務を行う・医師の指示の下、リンパ浮腫患者に対するケアを実践する・緩和ケアを受ける患者に対するセルフマネジメント指導を行う〈腫瘍精神科外来看護〉・臨床心理士不在時の代行業務を行う・腫瘍精神科医師、臨床心理士との連携を通じ、がん患者・家族の特徴を理解し看護実践を安全・確実に行う〈診療アシスタント〉・医師の外来診察の介助を行う・外来診察に関わる患者対応を行う・医師・看護師の指示の下、検体の運搬業務を行う・医師・看護師の指示の下、診察室の環境整備を行う・看護師の指示の下、外来化学療法室の環境整備およびベッドメイキングを行う3.提供体制平日(月〜金)基本8:30〜17:10(必要に応じて延長)がん集学治療センターが主催する各種セミナーの運営、参加4.スタッフ構成・科長(緩和ケア看護、リンパ浮腫ケア兼務)1名(正職員)・がん化学療法看護(腫瘍精神科外来看護兼務)5名(正職員4名、パート職員1名)・がん放射線治療看護3名(正職員1名、時短正職員1名、2日/週パート職員1名)・がん患者・相談支援1名(パート職員)・診療アシスタント2名(パート職員1名派遣1名)院外資格保有者数:看護師8名準看護師2名緩和ケア認定看護師1名がん放射線療法看護認定看護師1名がん化学療法看護認定看護師1名相談支援センター相談員(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)1名リンパ浮腫指導技能者1名臨床実習指導者1名ELNEC-J指導者1名医療事務資格1名ICLS2名院内資格保有者数:相澤BLS10名看護技術トレーナー2名看護技術インストラクター3名5.主要設備・機器主要設備:・外来化学療法室(個室24室、サービスステーション、DU室、トイレ2室)6.相澤病院―63―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です