2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
59/484

眼科医長水口千佳1.ビジョン眼科診療において検査・治療の精度と質を高め、患者の納得いく治療結果・成果を出す。2.サービス内容午前は院内・院外からの紹介患者を中心とした一般外来診療を行っている。主たる手術は白内障・網膜硝子体疾患・緑内障・涙道疾患などである。眼科診療部と視能訓練部とが密に連携することによって、診療に必要な情報のやりとりをスムーズに行い、効率的で質の高い診療を提供できるよう努めている。3.構成眼科/視能訓練部門【眼科】1.ビジョン①患者個人の病気の他、患者背景も視点に入れ、その患者が希望し必要とする医療を確実に受けられるよう、検査・治療法の選択などの提案をしっかりと行い、常に患者視点で考えた診療を提供したい。②眼科診療部署としては患者の安全面に配慮し、待ち時間や検査待ちなどの短縮に努め、効率的で質の高い診療を提供していきたい。2.サービス内容2010年4月より、一般・院内眼科として常時診療を開始。外来診療と週2回の手術枠を設けている。主な診療疾患:白内障、緑内障、網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症・黄斑前膜・黄斑円孔・網膜剥離・加齢黄斑変性症・網膜動/静脈閉塞性疾患など)、涙道疾患、角・結膜炎、ぶどう膜炎、神経眼科疾患、救急科から紹介される眼球打撲・眼窩底骨折・その他眼外傷など主な手術疾患:白内障、緑内障、網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症、黄斑前膜、黄斑円孔、網膜剥離など)、涙道疾患、翼状片、一部の眼外傷性疾患など3.提供体制外来診療月〜金午前中(予約制)手術月・水午後予約検査火・木・金の午後休診土・日4.スタッフ構成眼科:常勤医師2名、非常勤医師1名(資格)院外資格保有者数:・眼科専門医:常勤医師2名、非常勤医師1名5.主要設備・機器主要設備:<外来>診察室2室6.相澤病院―49―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です