2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
480/484

放射線安全管理委員会委員長小口和浩1.目的相澤病院において放射線又は放射性同位元素を診療または医学の研究のために従事する者、放射線又は放射性同位元素を用いる診療または研究に付随する業務に従事する者であって管理区域に立ち入る者、一時的に管理区域に立ち入る者等における放射線障害の発生を防止するとともに、これらの者と公共の安全の確保・維持することを目的とする。2.審議事項委員会は次の各号に掲げる事項を審議し、改善計画を立案する。(1)職員の放射線障害の防止に関する事項①放射線障害予防規程の改定に関する事項②電離放射線健康診断に関する事項(2)災害(事故)対策に関する事項(3)その他、放射線に関する必要な事項3.構成委員長小口和浩(放射線画像診断センター長、ポジトロン断層撮影センター長)委員四方聖二(ガンマナイフセンター長)/小田京太(トモセラピーセンター長)/荒屋正幸(陽子線治療センター長)/礫石浅治(医療介護福祉安全推進部長)/小池秀夫(産業医)/大久保富美江(健康センター長補佐)/赤羽茂康(総務課長)/粟津原剛(人事課長)/相澤孝(がん集学センター放射線技術科長)/前島偉(がん集学センター放射線技術科長)/柳澤直樹(放射線画像診断センター放射線技術科長)/山田昌矢(放射線取扱主任者)/菅沼敏充(放射線取扱主任者)12.慈泉会委員会―470―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です