2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
477/484

職業倫理委員会委員長塚本建三1.目的〈慈泉会倫理規定の目的〉社会医療法人財団慈泉会(以下、「会」という)の職員は、医療・保健・福祉・介護の専門職としての誇りを持ち、慈泉会ビジョン・ミッションに基づき社会的使命と職務の責任を深く自覚し行動しなければならない。患者・利用者の尊厳・権利を尊重した安全で質の高い医療と医療関連サービスを提供するうえで、社会倫理に適合した行動を実践できることを目的とする。〈慈泉会職業倫理規定の目的〉社会医療法人財団慈泉会(以下、「会」という)に勤務する職員(以下、「職員」という)の遵守すべき職務に関する倫理原則及び倫理の保持を図るために必要な事項を定めることを目的とする。・・・を受けて、社会医療法人慈泉会委員会設置・運用規程に基づき、職業倫理委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営について必要な事項を定めることを目的とする。2.審議事項(1)職業倫理に関する教育・研修に関すること(2)職業倫理規程及び関連規程の改廃に関すること(3)職業倫理に関する調査、検討に関すること(4)その他職業倫理に関すること3.構成議長本部長議員委員会は次の委員により構成し、最高経営責任者が任命する。(1)本部長(2)病院長(3)健康センター長(4)地域在宅医療支援センター長(5)医学研究研修センター長(6)財務部長(7)人事部長(8)医療介護福祉安全推進部長(9)院長補佐(診療部門担当)1名(10)院長補佐(看護部門担当)1名(11)コンプライアンス室長(12)外部理事(弁護士)1名(13)外部評議員1名12.慈泉会委員会―467―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です