2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
476/484

賞罰委員会委員長塚本建三1.目的本委員会は医療法人慈泉会委員会設置・運用規程に基づき、就業規則に定める賞罰規程を適正に運用するために賞罰委員会(以下「委員会」という)の組織及び運営について必要な事項を定める。2.審議事項審議事項は次の通りとする。(1)賞に値する表彰の実施に関すること。(2)罰するに値する制裁の実施に関すること。3.構成委員長塚本建三(慈泉会本部長)委員礫石淺治(医療介護福祉安全推進部長)/小池秀夫(相澤健康センター長)/水野悦美(地域在宅医療支援センター長)/小林茂昭(医学研究研修センター長)/名川健一(人事部長)4.年間報告①今年度の賞罰委員会は、1回開催された。職員の表彰の議題であり、久しぶりにうれしいニュースとなった。表彰者:内視鏡センター看護科看護アシスタント小池美香表彰事由:2013年8月18日(日)松本城付近でバイクと自転車の衝突事故時、居合わせた小池がCPRを実施し、救急隊到着時には心拍再開できたことによる。②表彰の内容(1)表彰状の付与(2)金一封3万円12.慈泉会委員会―466―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です