2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
474/484

医療事故監査委員会委員長礫石淺治1.目的地域住民の付託に応え、利用者に安全・安心の医療・介護・福祉を提供するため、医療・介護・福祉に関連した事故(以下「医療事故等」という。)が発生したときは、外部委員を含めた委員会を開催して事故原因を究明し、この結果をもって患者、家族に納得のいく説明を行うとともに、謝罪と補償を行い、医療事故等の防止に貢献する。2.審議事項委員会は、医療事故等のうち、最高経営責任者が諮問した事故について監査し、その結果を答申する。(1)診療録、諸記録、画像等の資料を調査し、分析・監査を行う。(2)ミスのあるときは、謝罪すべき項目や内容を検討する。(3)医療事故等の防止に関する事項を検討する。3.構成委員長礫石淺治(医療介護福祉安全推進部長)委員相澤孝夫(病院長)/小林茂昭(医学研究研修センター長)/小池秀夫(健康センター長)/水野悦美(地域在宅医療支援センター長)/塚本建三(慈泉会本部長)/弁護士1名/外部委員2名12.慈泉会委員会―464―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です