2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
469/484

長期入居プランでは、入居者に生活支援や身体介護などの介護サービスや看護相談・健康管理などの情報提供を行うほか、他の入居者やデイサービス利用者、地域住民との定期的な催しを通じて交流を図るなど、終の棲家として安心して余生が過ごせるよう支援を行う。2.サービス内容高齢者向け住宅の賃貸及び住宅管理業務高齢者向け住宅入居者への生活支援業務高齢者向け住宅入居者への訪問介護サービス3.提供体制365日時差出勤体制で24時間カバーしている。4.スタッフ構成管理者(1名)、主任(1名)、在宅業務管理担当(1名)、通所介護担当(4名)、パントリー担当(4名)(資格)介護福祉士、ヘルパー2級、社会福祉士任用資格、介護支援専門員5.主要設備・機器主要設備:住宅居室(1ルーム38室、1LDK2室、2LDK2室)、浴室4ヵ所、台所2ヵ所、コインランドリー2ヵ所、デイコーナー2ヵ所、サービスステーション3ヵ所、デイサービス1ヵ所、事務室1ヵ所、相談室1ヵ所、多目的トイレ3ヵ所、パントリー1ヵ所、特殊浴室1ヵ所、一般浴室1ヵ所、冷蔵室1ヵ所、DU室1ヵ所主要機器:シャワー入浴装置1台、個浴介護浴槽2台、プレハブ冷蔵室1室、テーブル型冷蔵・冷凍庫1台、スチームコンベックス2台、食洗機1台、ボイラー1台、受水槽1台、膨張タンク1台、無圧式温水ヒータ1台、貯水槽1台6.実績住宅年度別稼働状況(2011年12月開設)2011年度2012年度2013年度1R30.80%91.90%97.50%1LDK29.00%82.70%91.30%2LDK15.20%87.50%92.50%2013年3月末入居者の状況男性14名、女性31名平均年齢81.9歳平均在所日数527.3日介護度要介護1〜528名支援1〜29名その他8名7.学術・研修(学会発表)今井大輔,井上真琴.急性期病院から在宅復帰へ〜高齢者住宅の支援のかたち〜.日本臨床医療福祉学会全国大会,2013年8月31日,長野県松本市【相澤デイサービス「結」本庄】1.ビジョン高齢になっても安心して暮らせる地域を創るために、緊密な医療・介護・福祉連携を構築して、在宅療養を支援する。相澤デイサービス「結」本庄は、近隣地域のボランティアを受け入れデイサービス利用者と交流を行い、アクティビティを充実させ、リハビリテーション、体や頭脳を動かすレクリェーションなどの活動的なプログラムを活発に行い、通所リハビリテーション「歩み」で軽快終了した利用者から介護度11.慈泉会本部―459―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です