2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
456/484

人事部部長名川健一1.ビジョン「時代の進歩・発展に対して、積極的で適正な対応のできる有為な人財を育成する」をビジョンとして掲げ、次の4点を達成する。①挑戦する風土[その組織の特性、価値観]を大切にし、ミッション・ビジョンの達成に挑戦していく。②病院が必要とする有望な人財を採用する。③人を育てるために、自立と自律を可能として自己経営できるプロフェッショナルを育てる教育・研修と入職後数年間の若手職員の基礎的教育を充実させていく。④人事制度(職能資格制度、複線型職群制度、人事考課制度)の改定をして、職員個々の評価の仕組みを確立し、能力に応じて給与を決定し、能力を病院のベクトルに合わせて発揮したか成果評価をボーナスに反映する仕組みを作る。2.サービス内容人事課………採用に関すること、異動・任命に関すること、給与・賞与の支給、退職金の支給、社会保険関係、職員情報管理人事企画課…職能資格制度・複線型人事制度・人事考課制度の運用昇格・職群転換などの人事制度に基づく審査の運用実施規程の見直し研修課………慈泉会全体に亘る教育・研修の計画、立案、実施、評価、分析職員教育会議、医師教育研修委員会、看護部教育委員会との調整3.構成人事課/人事企画課/研修課【人事課】1.ビジョン人事部門の使命・役割は、人を組織の発展に結びつけること、つまり、人を通じて(慈泉会の求める人材の採用と教育を通じて)、慈泉会の発展に寄与することである。人事課のビジョンは次の通りとする。①病院経営に必要な人材、特に看護師を安定的に確保(=採用と定着)するために、看護師の動向や周辺環境等の分析評価を実施するとともに、看護師を引きつける仕組みを作り、看護師側にある就職の主導権を慈泉会が握り、求職者の質により選考できるようにする。②職員満足なくして患者満足無し。職員(特に看護師)の離職率低下を図るため、離職の原因分析と防止対策を立案し、慈泉会で働きたい、慈泉会の職員になれてよかったと思えるよう、賃金・人事制度面での見直し・修正を行う。2.サービス内容・職員の採用異動・入職退職手続・入社式の実施・住所・氏名変更、扶養、通勤手段等の手続・職員情報管理(職員情報、免許・資格等)・監督官庁への届出(保険医、就業規則、協定書等)・名札(職員証)・名刺の管理11.慈泉会本部―446―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です