2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
450/484

広報部部長塚本建三1.ビジョン地域住民や医療関係者との距離をもっと近づけ、信頼できる医療機関としての社会的評価を高めるため、慈泉会の行う質の高い医療や関連サービス、医療の質改善への取り組みなどを経営方針に基づきながら、各メディアを通して親しみやすく継続的に情報提供を行う。また発信した情報を単発で終わらせることなくウェブサイトに集積していくことで、効率的に情報への接触を増やしていく。同時にタイムリーな情報更新が行えるような仕組みを作り、継続的な管理を行う。2.サービス内容広報誌の制作管理・発行/年報の制作管理、発行/公式ホームページの制作管理、情報更新/イントラネットの制作運用管理、情報更新/メディア対応、プレスリリース配信/市民のための医療・介護・福祉講座の運営/広告制作管理/提供番組制作進行管理/医師、看護師募集関連の広報業務/院内モニターの運用管理/パンフレット制作管理/イベント、講演会の運営と広報業務/ロビーコンサートの運営/社内行事写真撮影3.構成部長1名(本部長兼務)/課長1名/事務員3名4.実績市民のための医療・介護・福祉講座実施(年間21回)広報誌あいあい発行年4回(4月、8月、12月、1月)ロビーコンサート実施(3月4日、12月14日)パブリシティ実績288件(2013年4月〜2014年3月)4月1日ラジオ番組開始(SBCラジオ「教えてドクター!相澤病院健康コラム」)4月19日Ustream配信開始(市民のための医療・介護・福祉講座)5月17日陽子線治療パンフレット(簡易版)制作・納品6月1日NBS信州夢街道フェスタ(やまびこドーム)がん治療、陽子線治療ブース出展(2日間)6月20日HMS相澤病院視察ツアー(講演、見学)実施6月29日abnわくわくデー(やまびこドーム)手洗い体験ブース出展(2日間)7月6日がん集学治療センター5周年記念イベント実施(がん患者疑似体験イベント、記念フォーラム)7月25日長野こまち企画記事広告掲載(看護師募集向け)8月3日松本ぼんぼん参加・運営8月11日市民医療講座「ここまで進んだ!がん治療最先端陽子線治療」開催・運営(9/7,9/27,10/10,11/28,12/8,12/14,1/18,1/25にも県内外9会場で開催来場者計1093名)8月24日abn番組「知れば怖くない!糖尿病〜相澤病院の取り組みから〜」制作・放映8月25日TSB24時間テレビチャリティ講演会開催「誰でもわかる最新がん治療」8月26日あづみ野FMでラジオ番組を開始「相澤病院健康イキイキナビ」8月31日日本臨床医療福祉学会市民講座開催(山田邦子氏東大中川恵一教授)9月14日リレーフォーライフ参加参加職員約140名9月16日abn番組「信州のがん最前線〜乳がんを生きる女性たちの決断〜」放映9月21日SBC番組「ここまで進んだ!患者のためのがん治療」制作・放映11.慈泉会本部―440―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です