2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
447/484

3.提供体制月曜日〜金曜日9:00〜17:404.スタッフ構成2名(資格)・診療情報管理士・DPCコース修了・医療情報技師・臨床検査技師5.主要設備・機器PC4台6.実績社会医療法人届出に関すること2012年度分提出慈泉会運営指標統計一覧毎月の作成その他2013年度法人経営会議の開催21回理事会・評議員会の開催3回説明書・同意書の確認・修正118件他部署への情報提供202件(出前)市民のための医療・介護・福祉講座の開催44回7.学術・研修(学会発表)椛島博彰.JCIについて.GHC社内研修会,2013年5月10日,東京椛島博彰.DPCデータと病院マネジメント.DPCマネジメント研究会,2013年11月4日,東京椛島博彰.病院ダッシュボードを活用して.GHC病院ダッシュボードユーザー会,2014年1月29日,東京椛島博彰.2025年に向けた経営戦略.広島県医療事務協議会,2014年2月8日,広島椛島博彰.相澤病院でのQI.日本病院会QIプロジェクトフィードバック説明会,2014年2月18日,東京【国際交流室】1.ビジョン・国際交流室は、慈泉会職員が海外の異なる医療文化から新たな考えや行動などを学べるよう人材・技術・情報の交流などを推進するとともに、慈泉会が海外の患者からも選択される医療機関として国際社会の中で評価されるよう、また、慈泉会が得意とする医療関連サービスを海外で提供できるように戦略を立て、それを実行することができる部署となる。・国際交流室のスタッフは、言語能力を基盤として、さらに医療・介護に関連する知識又は技術を身に付け、多様性を受け入れる柔軟性を持った真のグローバル人材となって慈泉会の成長発展のために活躍している。2.サービス内容〈外国人看護師の育成に関する業務〉11.慈泉会本部―437―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です