2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
443/484

11.慈泉会本部ミッション・ビジョンミッション・慈泉会ミッションを達成するため、慈泉会の中核組織として本部各部の緊密な連携の下に、各事業体の経営が適切に行われるよう管理・統制・支援を行い、慈泉会全体としての総合力を最大限に発揮できるよう、適切なガバナンスを行う・慈泉会全体の経営戦略を、必要な情報入手と分析の下に策定、実施する・社会医療法人の責務を果たすべく、必要な調整機能を働かせる・理事会・評議員会の適時適切な開催により、経営の健全性を確保する・収支バランスを適性に保ち、財務体力を強化、資金調達を適切に行う以上により、慈泉会の健全且つ、スピード感のある成長発展を図るビジョン・各事業体の運営について、適時的確な報告・連絡・相談機能を働かせ、サポートするとともに、適切なガバナンスを行い、慈泉会全体としての健全な発展を期す・資源の投下については、必要な情報の入手に努め、その分析・評価を行って経営戦略を立案し、時を失することなく的確な資源投下に結びつける・人事制度は将来を見据えた視点から見直し、新たな事業展開にも耐えるものにする・病院経営に必要な人材、特に医師、看護師の採用については、より積極的な採用計画を立案実施する・情報の電子化については、慈泉会ビジョンに添って、さらに有効利用を推進し、経営の効率化、組織のスリム化を具体的施策に基づき実施する慈泉会のビジョンを実現していくために、本部役職員は自らの革新を達成する11.慈泉会本部―433―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です