2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
439/484

管理事務部部長横山隆明1.ビジョン在宅重視の時代に向け地域在宅医療支援センターで地域の需要に対応できるよう拠点間で事務職員の連携がとれ、担当する介護保険、医療保険制度の知識を熟知し、拠点の責任者とスタッフの業務や拠点運営のサポートができる事務職員を養成する。2.サービス内容地域在宅医療支援センターには、事務職員が常駐する。支援センター松本、支援センター塩尻事務職員常駐予定の新村事務所と事務職員が常駐しない安曇野サテライトがある。・支援センター松本、支援センター塩尻、新村事務所の運営支援業務来客受付、電話受付、物品管理・物品請求など各事業所の運営支援業務・介護保険、医療保険請求、自立支援法支援費請求業務・介護保険、医療保険制度他届出、報告に関する業務・利用料金の収納管理・介護支援専門員支援業務・通所リハビリ事務及び介護業務・診療所受付、医療保険請求業務・支援センターの業務活動とスタッフに対し、法令遵守されているか確認及び指導・在宅介護システムの接続管理在宅療養サーバー、タイムライン・訪問、送迎車両管理・交通安全指導及び交通事故発生時の対応・在宅医療連携拠点事務業務・その他地域在宅医療支援センター各部署に属さない業務3.構成管理事務部事務員1名庶務課(配属先)(配属人数)相澤地位在宅医療支援センター松本事務職員5名内、通所リハビリテーション「歩み」介護職兼務1名相澤地位在宅医療支援センター塩尻事務職員2名内、通所リハビリテーション塩尻介護職兼務1名相澤地域在宅医療支援センター新村事務職員5名人事課・総務課本部人事課・総務課兼務【庶務課】1.提供体制常勤職員月火水木金土日勤務時間○○○○○△休9.地域在宅医療支援センター―429―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です