2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
420/484

相澤居宅介護支援事業所の中核を担う人材育成し、それぞれの事業所を管理する人員の配置により、現在の事業所規模を活かして各事業所単位で地域に根ざしたケアマネジメントを提供する②スタッフ個々のケアマネジメント力の向上介護保険制度の浸透と共に健康状態や身体機能以外に様々な問題を含んだケースが表面化し、一般化してきているため、家族関係への支援、精神面での支援が必要なケースにも対応できる能力を有するケアマネジャーを育成する〈退院支援、医療機関との連携〉①相澤病院との連携当院においては外来通院時から関わりと、入院されている方の退院に合わせた支援ができるような退院マネジメントにかかわるプロジェクトチーム組織を発足し院内を横断した他職種連携による退院支援を円滑に行う②地域の病院との連携地域の病院と相澤居宅介護支援事業所間において、症例検討会の開催により具体的な事例を通じてフィードバックしお互いに顔の見える関係での退院支援、在宅療養へ円滑な支援を構築する〈地域における役割〉地域包括支援センターや地域の主任ケアマネと協働し、地域の介護関係者、地区担当民生委員、町会単位で、介護保険制度を初めとする各種制度、資源の活用など具体的な事例を通して、共に問題解決の指針を検討し合い、介護に関する悩みを1人で抱え込まずに遠慮無く相談してもらえる事業所になる2.サービス内容2000年4月介護保険制度施行に伴い、相澤居宅介護支援事業所として新設2004年9月相澤居宅介護支援事業所しおじり開設2012年9月相澤居宅介護支援事業所にいむら開設主な業務内容・介護予防支援要支援1・2と認定された方のケアプラン作成(地域包括支援センターより受託)・居宅介護支援要介護1〜5と認定された方ケアプラン作成相澤病院はじめ近隣の病院を退院し在宅介護をされる方、地域にお住まいで介護が必要になった方に対し、地域の社会資源を活用できるようケアマネジメントを提供している。また、訪問看護ステーション、訪問リハビリテーションセンター、ヘルパーステーション、通所リハビリテーションセンターの介護保険事業所が併設され他職種協働によるケアマネジメントを提供している3.提供体制営業日:月曜日〜金曜日8:30〜17:00休業日:土曜日、日曜日、祝祭日、盆休み(8月14日〜16日)、年末年始(12月30日〜1月3日)営業時間外、休業日にいては携帯電話により緊急連絡先を設け対応をしている。特定事業所加算Ⅱの算定要件を満たす事業所となっており、中重度や支援困難ケースへの積極的な対応を行う。専門性の高い人材を確保し質の高いケアマネジメントが実施できる体制が整備されている。4.スタッフ構成所長齊藤京子相澤居宅介護支援事業所松本介護支援専門員20名相澤居宅介護支援事業所にいむら介護支援専門員5名相澤居宅介護支援事業所しおじり介護支援専門員5名(資格)院外資格保有者数・介護支援専門員30名9.地域在宅医療支援センター―410―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です