2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
398/484

健康管理部課長林千津子1.ビジョン・健康センターの職員としての専門性を活用し、新たなサービスと啓発活動を行う。各職種が、それぞれの専門性を生かした業務に従事し、現状の人材・設備・器機を無駄なく利用し、受診者の多様な要望に応える。・受診者が求め、選択できる、検診コース、オプションを豊富に揃える。・個人や企業の受診者の健康を継続的にサポートするために、ドック後も継続した保健指導を行う。2.サービス内容・人間ドック(2日・1日・脳ドック)各種健康診断・ドック、健診後のフォローアップ・予防接種・各種保健指導・特定保健指導・禁煙外来出向・健康教室・鍼灸治療3.構成指導科/検診科/東洋医学治療室【指導科、検診科】1.サービス内容〈日次業務〉・2日ドック月〜金18名/日問診・各検査・保健指導・1日ドック月〜土40〜50名/日問診・各検査・健康診断15〜20名/日問診・各検査PET検診、脳ドック、レディース検診、肺がん検診・企業出張健診1〜2回/月(50〜100名)・特定保健指導2〜3名/日・2日ドック対象ウォーキング運動指導4〜5名/日・インターバル速歩運動指導2名/月・ヘルスネットワーク(個人会員制保健指導・再検査実施・健康に関する啓蒙)数名・予防接種毎週木曜日10〜15名季節性インフルエンザ2200名/年・禁煙外来出向毎週木曜日午後4〜5枠・フォローアップ(受診勧奨受診相談受診確認)〈企画〉・健康教室「ふれあいウォーキング」「ロコチェック&ロコトレ」・企業・地域出張健康教室「家族の健康」小学校塩野麻理子・横山弥生「楽しく元気よく動きましょう」公民館健康講話田中美穂「脳トレ」市民タイムス元気塾三村綾香7.相澤健康センター―388―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です