2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
389/484

139名/198名70.2%(昨年度実績144/19673.5%)③eGFR20未満の方の中で患者生活背景の情報聴取ができたもの82名/158名51.9%(昨年度実績84/15454.6%)④eGFR20未満の方の中で看護師介入して療法選択の説明したもの42名/158名26.6%(昨年度実績37/15424.0%)(9)栄養指導していない理由がはっきりしない症例、すなわち、栄養指導すべき症例が未介入症例のなかに20%もあるので、これらに栄養指導を奨めていくことが今後の課題である。カンファレンスを増やし、未介入の症例をチーム内で把握しておくことが必要である。6.相澤病院―379―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です