2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
387/484

脳死判定チームリーダー橋本隆男1.目的臓器移植に関連した脳死判定を行う。2.構成リーダー橋本隆男(医師)サブリーダー北澤和夫(医師)マネージャー忠地花代(検査技師)メンバー小笠原隆行(医師)/平沼多加志(医師)/藤澤窓奈(医師)/小山徹(医師)/山本基佳(医師)/松本さゆき(医師)/丹下大祐(医師)/八子武裕(医師)/上條剛志(医師)/上野里奈(検査技師)/田中みどり(検査技師)3.活動内容脳死判定シミュレーションを実施する。脳死判定のマニュアルを確認し法令に合わせて手順の見直しをし必要な改訂を行う。脳死下臓器提供の流れをチェックして問題点を解決する。〈実績〉脳死判定のマニュアルを確認し法令に合わせて手順の見直しをした。必要な改訂はなかった。模擬脳死判定を1回行った。臨床検査センターでは担当する検査技師が脳波記録のシミュレーションを毎月行った。6.相澤病院―377―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です