2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
360/484

救命救急センター評価委員会委員長小山徹1.目的救命救急センターとしてその機能を十分に発揮するために、3次救急患者の受診状況及び診療状況、ICU、2Cの認可病床が適切に運用されているか評価・検討することを目的とする。委員会は病院長の諮問に応じ次の各号に掲げる事項を審議・評価し、その結果を答申する。(1)患者さんの受け入れに関する事項(2)病床の利用に関する事項(3)診療データ等の統計に関する事項(4)救命救急センターにおける教育に関する事項(5)その他救命救急センターの運営上必要な事項2.審議事項(1)重症度別、年代別、地域別、入院病棟別、診療科別受診者数(2)救急車、ヘリコプター受け入れ台数年合計(3)緊急手術年度別件数、緊急手術診療科別、緊急手術麻酔別、(4)年度別救急搬送入院率(5)院外心肺停止患者年度別搬送件数(6)救急車動向について3.構成委員長小山徹(救命救急センター長代行)副委員長宮田和信(院長代行)委員北澤和夫(診療部外科系担当院長補佐)/薄田誠一(診療部内科系担当院長補佐)/小坂晶巳(看護部統括院長補佐)/池田隆一(事務部門統括院長補佐)/小山明英(救命救急センター特命院長補佐)/許勝栄(卒後臨床研修センター長)/蛭田昭子(救命救急センターER看護科科長)/向井知巳(救命救急センターER事務課課長)/前山健人(ICU病棟・2C・HCU病棟病棟長)/小林美由紀(5A・5B・SCU病棟病棟長)/宮田住代(手術センター看護科長)/保科滋明(薬剤管理情報センター長)/柳澤直樹(放射線画像診断センター技師部門科長)/忠地花代(臨床検査センター副センター長)/鳥羽嘉明(入院医療事務課長)/飯塚敏之(外来医療事務課長)事務局向井知巳(救命救急センターER事務課課長)6.相澤病院―350―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です