2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
354/484

晃(外科センター小児外科統括医長)/櫻井俊平(心臓病大動脈センターセンター長)/山本智清(消化器病センター消化器内科統括医長)/三澤賢治(外科センター呼吸器外科医長)/山田喜代子(看護部補佐室)/植木博子(看護部補佐室)【医師教育研修委員会】1.目的相澤病院における医師の教育および研修が安全かつ適切に行われるために必要な事項を審議することを目的とする。2.審議事項(1)医師の専門性の向上に関する教育研修システムに関すること(2)医師の安全衛生管理に関する教育研修システムに関すること(3)医師のチーム医療の推進に関する教育研修システムに関すること(4)医師の相澤病院職員としての職業倫理に関する教育研修システムに関すること(5)医師の業務規程や手順に関する教修研修システムに関すること(6)医師の教育研修に関するモニタリングに関すること(7)その他医師の教育研修に関すること3.構成委員長北澤和夫(診療部外科系院長補佐)委員山内恵史(糖尿病センターセンター長)/小山徹(救命救急センターセンター長代行)/山本智清(卒後臨床研修センター副センター長)/山﨑宏(整形外科医長)/大森隼人(外科センター)/佐藤友香(糖尿病センター)/飯塚敏之(医療事務部外来医療事務課課長)/新田彰一(感染対策室メディカルコーディネーター)/荻無里千史(医療介護福祉安全推進部メディカルコーディネーター)/藤原悟(人事部研修課課長)オブザーバー樋口佳代子(教育研修担当副院長)【看護部教育委員会】1.目的看護部の教育システムを充実させ、病院看護職員の人材育成を推進するために必要な事項を審議することを目的とする。2.審議事項(1)看護職員の教育に関するプログラムの策定、企画、実施内容の評価①新入職看護職員教育に関すること・新人看護職員・中途入職看護職員②2〜3年目看護職員に関すること③4等級以上の看護職員に関すること・一般職:看護の基本コース・専門職:総合看護コース・専門職:看護専門分野コース・総合職(看護部門)④教育担当者に関すること⑤看護管理者に関すること⑥その他、看護職員の継続教育に関すること(2)外国人看護師育成に関すること(3)各部署の教育担当者会議の問題点等6.相澤病院―344―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です