2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
345/484

(4)市販後調査の契約期間(5)市販後調査の対象となる予定症例数(6)市販後調査委託料の配分ただし、委託者から支払われる市販後調査委託料の配分は「病院会計に50%、研究担当者が所属する報酬受入れ区分に「50%」を標準とする。3.構成委員長白澤吉哲(薬剤管理情報センター長)委員宮田和信(診療部統括院長補佐)/田内克典(診療部外科系院長補佐)/薄田誠一(診療部内科系院長補佐)/和田裕立(病院経理課長)/丸山潤一(購買管理課長)/中野和佳(薬剤管理情報センター室長)【薬剤適正使用検討委員会】1.目的患者に安全かつ適切な医療サービスを提供するため、薬剤を安全に管理すること2.審議事項(1)保険診療に基づいた薬剤適正使用の検証に関する事項(2)EBMに基づいた薬剤適正使用の検証に関する事項(3)採用申請薬剤にかんする医学・薬学的評価に関する事項(4)採用薬剤の見直しに関する事項(5)ジェネリック医薬品への変更に関する事項(6)有害作用情報に基づいた薬剤適正使用の安全検証に関する事項(7)その他薬剤適正使用・医療の品質に関する事項(8)薬剤処方資格に関する事項3.構成委員長北澤和夫(外科系院長補佐)委員宮田和信(院長代行)/田内克典(副院長)/薄田誠一(内科系院長補佐)/小口智雅(腎臓内科統括医長)/白澤吉哲(薬剤管理情報センター長)/丸山潤一(購買管理課長)/今井雅則(入院医療事務課主任)/髙橋祥子(3S病棟看護責任者)/鎌倉明美(検査科)/保科滋明(薬剤管理情報センター副センター長)/中野和佳(薬剤管理情報センター室長)/中村久美(薬剤管理情報センター主任)/上條泰弘(薬剤管理情報センター主任)/細川理博(薬剤管理情報センター)/荻無里千史(医療安全推進部)6.相澤病院―335―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です