2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
344/484

【薬剤管理会議】1.目的薬剤の安全管理および適正使用を管理するために、薬剤管理会議を設置・運営する。2.審議事項会議は、モニタリング結果及び科学的な根拠に基づき、薬剤の病院横断的な管理・改善に必要な事項につき立案もしくは決議する。(1)血液製剤に関する委員会、薬剤適正使用検討委員会などから立案された薬剤に関わる改善計画の決議(2)薬剤に関わるモニタリング結果の検討・改善計画の立案(3)薬剤に関わるミス・ニアミス報告に基づく改善計画の立案3.構成議長菊池二郎(経営戦略部統括副部長)構成員薄田誠一(診療部内科系担当院長補佐)/北澤和夫(診療部外科系担当院長補佐)/白澤吉哲(薬剤情報管理センターセンター長)/荻無里千史(医療介護福祉安全推進部メディカルコーディネーター)/中野和佳(薬剤情報管理センター調剤室室長)【血液製剤に関する委員会】1.目的血液製剤および血漿分画製剤が安全かつ適正に管理され使用されることを目的とする。2.審議事項委員会は、次に掲げる各号に関して審議する。(1)輸血療法の適応に関する事項(2)血液製剤の選択に関する事項(3)輸血検査項目・術式の選択に関する事項(4)輸血実施時の手続きに関する事項(5)院内での血液使用状況に関する事項(6)輸血療法に伴う事故や副作用・合併症対策に関する事項(7)その他血液製剤に関する事項3.構成委員長薄田誠一(内科系院長補佐)委員恒元秀夫(心臓病大動脈センター副センター長)/唐木芳明(がん集学治療センター副センター長)/矢ヶ崎宏紀(泌尿器科統括医長)/伊藤紀子(2S病棟病棟長)/宮島誠(5S病棟病棟長)/松原拓見(手術センター看護師)/篠原章能(薬剤管理情報センター薬剤師)/中島高広(入院医療事務課事務員)/忠地花代(臨床検査センター副センター長)/小林幸子(検査科臨床検査技師)【市販後調査受託審査委員会】1.目的相澤病院で行う薬剤・医療材料の市販後調査について、その受託の適否を検討することを目的とする。「相澤病院委員会設置・運用規程」に基づき市販後調査受託審査委員会(以下「委員会」とする)を設置するが、本規程において委員会の組織及びその運営についての必要事項を定める。2.審議事項委員会は、次の各号に掲げる事項を審議する。(1)市販後調査の目的(2)市販後調査の契約先(3)市販後調査の項目6.相澤病院―334―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です