2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
341/484

【オーダリングに関する検討委員会】1.目的医師オーダが、安全、確実に実施されるためには、統一された規程の下でオーダが発行され、実施される必要がある。そのオーダ発行から実施までの規程の作成、修正、周知、教育、オーダリングに関する審査、承認、モニターを所管する事を目的とする。2.審議事項(1)オーダリングに関する規程の作成、修正(2)オーダリングに関する職員への周知、教育(3)オーダリング内容に関する審査、承認(4)オーダリング内容に関するモニター(5)治験のオーダリングに関する審査、承認3.構成委員長菊池二郎(経営戦略部統括副部長)副委員長薄田誠一(診療部内科系院長補佐)委員八子武裕(医学研究研修センター副センター長)/北原淳(整形外科センターセンター長)/常田由賀利(3S、4S病棟長)/小林美由紀(5A、5B、SCU病棟長)/石津美紀(外来看護科科長)/永原大輔(ER看護科主任)/中野和佳(薬剤管理情報センター調剤室室長)/忠地花代(臨床検査センター副センター長)/竹原恵(放射線画像診断センター放射線技術科主任)/丸山勇(情報システム部メディカルシステムグループ主任)/伊藤隆哉(薬剤管理情報センター)/佐々木志保(病院事務部門外来医療事務課)/福田知佳(病院事務部門入院医療事務課)/太田隆(診療情報管理センター)【クリニカルパス委員会】1.目的クリニカルパスはチーム医療の推進、治療の標準化と均質な医療の提供、インフォームド・コンセントの充実、職員の意識改革、平均在院日数の短縮を目的とする。クリニカルパスの推進と適正な運用のため、「相澤病院委員会設置・運用規程」に基づきクリニカルパス委員会(以下「委員会」とする)を設置するが、本規程において委員会の組織及びその運営について必要事項を定める。2.審議事項委員会は次の各号に掲げる事項を審議する(1)クリニカルパス作成・設定内容に関する事項(2)クリニカルパス運用・認定に関する事項(3)クリニカルパス作成後の院内標準化に関する事項(4)第10条の定めによるモニタリング指標を用いたクリニカルパスの改善(5)その他、クリニカルパスに関する事項3.構成委員長小田切範晃(外科センター小児外科統括医長)副委員長鬼窪利英(薬剤管理情報センターがん薬剤業務室主任)委員小口智雅(腎臓病・透析センターセンター長)/菊池二郎(形成外科統括医長)/鈴木智裕(心臓病大動脈センター循環器内科医長)/高橋祥子(3S病棟病棟看護責任者)/吉島三紀(5B病棟病棟看護責任者)/脇田美紀(3B・3C病棟病棟看護責任者)/太田一恵(手術センターリカバリー室主任)/細川理博(薬剤情報管理センター)/忠地花代(臨床検査センター副センター長)/柳澤直樹(放射線画像診断センター放射線技術科科長)/大塚功(リハセラピスト部門院長補佐)/笠原承子(栄養科栄養管理部門)/堀内寛之(医療連携センター医療福祉相談室課長)/上野秀斗(情報システム部メディカルシステムグループ)/山川浩徳(医療事務部入院医療事務課)/武井哲也(診療情報管理センターセンター長)/青木静江(診6.相澤病院―331―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です