2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
339/484

(2)病棟看護支援部門職員の業務内容(3)病棟看護支援部門職員の教育について(4)その他看護補助に関する必要な事項3.構成委員長山﨑明子(病棟看護支援部門長)委員伝田豊(病棟支援課課長)/小林美由紀(病棟長)/横水洋康(病棟看護責任者)/小畑亜弥(病棟看護責任者)/藤原希美(入院医療事務課主任)/赤羽栄子(生活支援課主任)【褥瘡対策委員会】1.目的褥瘡対策(予防・治療)の必要性がある患者へ、適切な対策を提供する事を目的とする。2.審議事項委員会は次の各号に揚げる事項を審議する。(1)褥瘡における予防・治療に関する事項(2)(1)についての啓発・教育に関する事項(3)褥瘡の発生状況の調査・報告・対応等の方法に関する事項(4)褥瘡の治療状況の調査・報告・対応等の方法に関する事項(5)その他院内褥瘡対策上必要な事項3.構成委員長鳥羽慶子(ふれあいメディカルセンター在宅医療室・褥瘡管理者)委員菊地二郎(形成外科統括医長)/小田切範晃(外科センター小児外科統括医長)/道傳整(脳卒中脳神経センター神経内科)/高橋智栄(2C病棟HCU病棟看護責任者)/竹内忍(3A病棟・褥瘡リンクナースリーダー)/山本幸恵(4A病棟・皮膚・排泄ケア認定看護師)/田中宏信(入院医療事務課)【感染管理会議】1.目的安全かつ根拠に基づいた感染管理を継続的に行うため、感染管理会議を設置・運営する。2.審議事項会議はモニタリング結果および科学的な根拠に基づき、病院横断的な感染管理および改善に必要な事項につき立案もしくは議決する。(1)感染対策委員会で立案された改善計画の議決(2)感染に関わるモニタリング結果の検討・改善計画の立案(3)感染に関わるミス・ニアミス報告に基づく改善計画の立案3.構成委員長笹原孝太郎(感染対策委員会委員長)委員岩垂優治(病院施設管理課長)/赤羽茂康(病院総務課長)/酒井弘子(病棟長)/栗田敬子(感染対策室長)/吉福清二郎(ICTリーダー)【感染対策委員会】1.目的病院内の感染症発生状況を把握し、感染に関する情報を収集・共有することにより、対応案を中心に審議を行い、各部署に答申・フィードバックしている。また、緊急時には臨時委員会を開催する。2.審議事項(1)医療関連感染における予防対策に関する事項(2)感染対策についての啓発・教育に関する事項6.相澤病院―329―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です