2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
337/484

【診療記録管理委員会】1.目的日本診療情報管理学会倫理委員会において明示された診療録記載指針に基いた下記の診療録記載の基本的考え方と視点に準拠して診療記録の適切な管理と活用を推進することを目的とする。(1)チーム医療のために共有される記録・情報であるという視点(2)患者の個人情報であるという視点(3)説明責任を果たし適切な医療を実施していることを示す視点(4)医療の質・安全や効率を評価し、その向上を図るために活用するという視点(5)臨床研究と教育・研修に役立てるという視点2.審議事項診療記録管理委員会では、次に揚げる事項を審議する。(1)診療記録について審議を行うが、本規程で取り扱う診療記録の範囲は、診療録記載に係わるすべての職種による記録の他に、診療の過程で作成された診療書類、診療データを含むものとする。(2)診療記録の構成項目、様式、記載上の注意点、各種規程に関連する事項(3)臨床研修指定病院、地域医療支援病院等の認可要件に関する事項(4)診療記録の質的管理に関する事項①記載内容の監査に関する事項②リスクマネージメント上の必要事項③第3者評価の要件に関する事項(5)同意書・説明書の内容に関する事項3.構成委員長薄田誠一(診療部内科系院長補佐)副委員長飯塚敏之(医療事務部外来医療事務課課長)委員菊池二郎(形成外科統括医長)/八子武裕(医学研究研修センター卒後臨床研修センター副センター長)/小平博之(整形外科センター整形外科医長)/白鳥勝子(腎臓病・透析センター)/山﨑明子(病棟看護支援部門部門長)/村山幸照(リハセラピスト部門脳卒中脳神経センター脳卒中・脳神経リハセンター科長)/近藤鈴子(医療安全推進室推進役推進役)/常田由賀利(2S病棟病棟長)/酒井弘子(4B病棟病棟長)/武井哲也(診療情報管理センターセンター長)/安楽弘一(放射線画像診断センター放射線技術科主任)/中野聡(臨床検査センター検査科主任)/高橋祥子(3S病棟病棟看護責任者)/丸山勇(情報システム部メディカルシステムグループ主任)/小穴健太(ME課)/竹内仁(薬剤管理情報センター)/丸山春奈(精神神経科臨床心理部門)/佐々木紀代子(ふれあいメディカルセンター在宅医療室)/藤本佳子(眼科視能訓練部門)/小出愛美(口腔病センター歯科衛生部門)/笠原承子(栄養科栄養管理部門)/三浦政子(医療連携センター医療福祉相談室)/大村瑞恵(医療事務部入院医療事務課)/三浦信子(診療情報管理センター)【診療材料適正使用検討委員会】1.目的相澤病院委員会設置・運用規程に基づき、診療材料適正使用検討委員会(以下「委員会」という)の組織及び運営について必要な事項を定める。2.審議事項(1)保険診療に基づいた診療材料の適正使用の検証に関する事項(2)EBMに基づいた診療材料の適正使用の検証に関する事項(3)診療材料の採用品目の標準化の検討に関する事項(4)その他の診療材料の適正使用に関する事項6.相澤病院―327―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です