2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
287/484

④診察補助診療アシスタントと協働し、必要な患者には診察に付いて診療の補助を行う。また、形成外科、小児科については看護師が診察の補助を行っている。3.提供体制平日:8:30〜17:10土曜日:8:30〜12:20(産婦人科妊婦検診業務2名、整形外科1名・2ヶ月に1回)4.スタッフ構成外来看護科長1名助産師3名看護師30名准看護師1名(資格)院外資格:糖尿病療養指導師1名ICLS1名院内資格:看護技術インストラクター1名看護技術トレーナー4名相澤BLS35名相澤PBLS6名5.学術・研修(学会発表)石津美紀.1年間の糖尿病透析予防指導を振り返って.パシフィコ横浜,2013年9月22日,神奈川県横浜市(講演)小林綾子.眼科外来における糖尿病患者の支援.キッセイ文化ホール,2013年6月29日,長野県松本市石津美紀.糖尿病透析予防指導への相澤病院の実践看護師の立場から.RAKO華乃井ホテル,2013年4月30日,長野県諏訪市石津美紀.糖尿病透析予防指導管理料に関する指導について看護師の立場から.長野赤十字病院,2013年7月30日,長野県長野市石津美紀.糖尿病透析予防指導管理料に関する指導について看護師の立場から.ブライトガーデン,2013年11月15日,長野県松本市石津美紀.糖尿病透析予防への相澤病院の実践看護師の立場から.小張総合クリニック,2014年2月20日,千葉県野田市石津美紀.糖尿病透析予防指導管理料に関する指導について看護師の立場から.飯田医師会館,2014年3月4日,長野県松本市【在宅医療室】1.ビジョン患者の安心と満足を得るために在宅療養患者の指導を中心とした教育前期評価を行い、教育前評価を基に指導内容に応じたケア計画を作成・実践する。更に、継続したケアが必要な患者ついて個別に対応できるケア計画を作成し、作成したケア計画を基に在宅療養患者への看護を実践する。そして、提供した看護について評価を行い、説明責任が果たせる適正な看護を実践していく。2.サービス内容・外来通院患者の訪問看護導入支援・外来通院患者の訪問看護指示書管理等関連業務・外来通院患者の在宅酸素指示書管理等関連業務・訪問診察の対応・訪問診察患者の急性増悪時の訪問看護・自己注射・糖尿病・在宅酸素関連に対する在宅療養指導、患者相談6.相澤病院―277―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です