2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
286/484

産婦人科外来:診察室4室超音波診断装置(大)1台・超音波診断装置(小)3台胎児心拍監視装置2台・子宮膣部拡大鏡検査装置1台胎児心音ドップラー(携帯用)1台・顕微鏡1台・無影灯1台総合処置室:処置室2室救急カート1台在宅医療室:診察室1室入院受付:相談室4室・薬剤相談室1室初診患者問診コーナー:4ブース6.実績一般外来受診者数(外来管理日誌より集計)年度予約初診予約外初診初診総数初診割合予約再診予約外再診再診総数再診割合入院患者入院割合全患者数1日平均20121139744188314%103103041061481%6865%1318464420131205625183014%103392561059681%5915%13017638【外来看護科】1.ビジョン患者の安心と満足を得るために外来患者の初期評価を行い、初期評価に基づくケア計画を作成・実践する。さらに継続したケアが必要な患者について個別に対応できるケア計画を作成し、作成したケア計画を基に外来看護を実践する。そして、提供した看護について評価を行い、説明責任が果たせる適正な看護を実践していく。2.サービス内容①一般外来:各科受診患者の受付業務各科を受診した患者の看護支援、看護処置、療養生活に対する患者指導、診察補助療養生活に関する患者指導・形成外科:鼻骨骨折整復術後、熱傷、創傷患者の帰宅後の生活指導など・整形外科:ギプス固定後などの患者に帰宅後の生活について説明など・泌尿器科:バルン留置後、自己導尿の患者の療養指導など・内科:弾性ストッキングの指導など・総合処置室:処置後の生活指導など・眼科外来:受診後の生活指導など・小児科外来:受診後の生活指導など・耳鼻科いんこう科外来:受診後の生活指導など・産婦人科外来:受診後の生活指導、産婦への保健指導など・外科外来:受診後の生活指導など・脳神経外科外来:受診後の生活指導など②看護支援・受診患者の外来での相談や電話相談・インフォームド・コンセントの確認や検査説明・予約・当日入院患者の対応③看護処置総合処置室での点滴や注射、検査介助など6.相澤病院―276―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です