2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
276/484

薬剤管理情報センターセンター長白澤吉哲1.ビジョン傷病の発生後間もない患者や、傷病の診断後の治療を必用とする患者及び慢性疾患治療中に急性増悪した患者等に対して、患者をできるだけ短期間で治癒あるいは安定した状態とするために、医師、看護師、医療スタッフと協働し、薬剤師の専門性を十分に発揮してチーム医療を提供する。2.サービス内容〈調剤室〉調剤室では、処方監査、疑義照会、調剤監査等の調剤業務、保険調剤薬局からの疑義照会窓口業務を実施している。また入院予約窓口などで入院患者の持込薬の情報収集、手術前中止薬・継続薬の患者への説明、医師への情報提供ならびに処方提案を行っている。さらにお薬相談室で患者からの薬相談受付及び薬剤説明を実施している。〈医薬品情報管理室〉医薬品情報管理室では、安全情報、新薬情報、適正使用に関する情報発信や医療スタッフからの求めに応じた情報提供に対応している。また採用薬品のデータベース管理、薬品の採用削除を検討する薬剤適正使用検討委員会の事務局を担っている。さらに病棟業務・薬剤管理指導業務を拡充するため、薬剤情報室担当者と病棟担当者によるカンファレンスを行い、円滑な業務展開に向けての環境整備をしている。〈病棟薬剤業務室〉病棟薬剤業務室では、病棟薬剤業務及び薬剤管理指導を支援している。病棟専任薬剤師が、その病棟における薬物療法全体の把握を行い、それぞれの患者について、持参薬管理・医師への処方提案・治療効果・副作用モニタリングなどを行い、薬物療法が安全適切に行われるよう努めている。〈がん薬剤業務室〉がん薬剤業務室では、質の向上と安全を高めるために専任薬剤師を中心にがん化学療法のレジメン検討・管理・補助療法の提案を行っている。また処方監査・ミキシング・副作用確認等の安全管理と患者への薬学的管理指導情報提供を行っている。〈製剤室〉定数がある院内製剤については定数を割らないよう、定数のない院内製剤に関しては請求伝票に基づき調製を行っている。また新たに院内製剤の依頼があった場合、院内製剤基準に沿った調製を行い提供している。〈注射室〉注射室では、注射オーダーを受けて処方監査し払出業務を行っている。また翌日分オーダーは、処方監査・疑義照会・調剤監査をして個人セットで払出している。さらに高カロリー輸液、特に安全管理が必要なレベル3のハイアラート薬(高濃度電解質など)は薬剤師による24時間ミキシング体制をとり、無菌的調整による感染予防、安全確保に努めている。〈事務課〉補助業務(調剤業務、注射調剤、病棟業務)、医薬品管理業務について、業務内容・時間配分を標準化して手順を作成し、それに沿った業務を実施している。3.提供体制・調剤業務365日24時間体制・病棟薬剤業務、薬剤管理指導業務365日8:20〜17:00・注射セット業務365日9:00〜20:006.相澤病院―266―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です