2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
272/484

5.主要設備・機器主要設備:栄養相談室2室主要機器:体重計2台6.実績主要項目2012年度実績2013年度予測2014年度目標値1.入院栄養指導5980630065002.外来栄養指導4317487250003.集団栄養指導961011004.栄養サポートチーム加算250195014405.糖尿病透析予防指導管理料4866197007.学術・研修(学会発表)矢野目英樹.糖尿病透析予防指導への相澤病院の実践管理栄養士の立場から.諏訪糖尿病治療勉強会〜糖尿病透析予防指導管理料の実施〜,RAKO華乃井ホテル2013年4月11日,長野県諏訪市矢野目英樹.透析予防診療チームによる糖尿病性腎症の進展抑制.第63回日本病院学会,朱鷺メッセ,2013年6月27日,新潟県新潟市大橋深繭.多職種協働による栄養管理と入院期間の関係〜誤嚥性肺炎〜.第63回日本病院学会,朱鷺メッセ,2013年6月28日,新潟県新潟市松澤明美.消化吸収の良い毎日の栄養と食事について.医療講演会・栄養講座,長野県松本保健福祉事務所,2013年7月28日,長野県松本市矢野目英樹.CountDown療法と糖尿病透析予防指導管理料の有用性.地域医療機関への啓発,長野赤十字病院基幹災害医療センター,2013年7月30日,長野県長野市矢野目英樹.透析予防診療チームによる糖尿病性腎症の進展抑制.第28回日本糖尿病合併症学会,旭川グランドホテル,2013年9月14日,北海道旭川市矢野目英樹.糖尿病透析予防指導管理料.長野県透析研究会学術集会,キッセイ文化ホール,2013年10月20日,長野県松本市矢野目英樹.糖尿病透析予防指導への相澤病院の実践管理栄養士の立場から.糖尿病透析予防指導研究会,ザ・ブライトガーデン,2013年11月15日,長野県松本市百瀬瑞恵.残存小腸70cmの短腸症候群となった糖尿病腎症治療中患者の栄養管理方法の検討.第17回日本病態栄養学会年次学術集会,大阪国際会議場,2014年1月11日,大阪府大阪市矢野目英樹.透析予防診療チームによる糖尿病腎症の進展抑制.第17回日本病態栄養学会年次学術集会,大阪国際会議場,2014年1月12日,大阪府大阪市笠原承子.急性期病院から居宅に向けた継続的栄養ケアの提供―相澤病院での取り組み第1報―.第17回日本病態栄養学会年次学術集会,大阪国際会議場,2014年1月12日,大阪府大阪市矢野目英樹.糖尿病透析予防へ相澤病院の実践管理栄養士の立場から.学術講演会〜野田地区地域医療連携講演会〜,小張総合クリニック,2014年2月20日,千葉県野田市百瀬瑞恵.残存小腸70cmの短腸症候群となった糖尿病腎症治療中患者の栄養管理方法の検討.第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会,パシフィコ横浜,2014年2月27日,神奈川県横浜市6.相澤病院―262―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です